トップアイドルと秘密の逢瀬

・作

私の彼は、今をときめくトップアイドル。もちろん世間に私の存在は、絶対にバレてはいけない。本当の彼の姿を知っているのは私だけ。彼の夜の顔を知っているのは、私だけ…。

仕事を定時で終えた私は足早に帰宅する。
軽くシャワーを浴び、身なりを整え、レースのワンピースに袖を通し、未だに慣れないヒールを履いて再び家を出る。

そして着いた先は、身の丈に合わないほどきらびやかなホテル。

フロントで4ケタの数字を書いたメモをうつむきながら黙って差し出すと、同じ数字の書かれたカードキーを渡された。

カードキーを頼りに部屋へ向かう。
ガラス張りのエレベーターからは、街の夜景が一望できた。

ほんと、身の丈に合わない限りだ。

着いた部屋は恐らくスイートルームだろう。
ホテルなのに部屋がたくさんある!と最初はとても驚いたものだ。

ソファへ腰を下ろし、ふぅと大きく息を吐く。
毎度のことながら、ここまで来るだけでどっと疲れてしまう。

自宅のものより遥かに大きなテレビをつけると、そこには今をときめくイケメンアイドル、RENが新曲を披露していた。

来月からはこの新曲を引っさげてのツアーが始まるそう。
甘いマスクとクールな立ち居振る舞いが、彼の人気のポイントらしい。

画面越しのRENはとてもキラキラ輝いていて、さっきまでデスクで伝票処理をしていた私との違いを痛感する。

そのまましばらくソファでぼんやりしていると、部屋のチャイムが鳴った。

ドアスコープを覗くと、そこにはキャップを深々と被る見慣れた男の姿があった。

私は慎重にドアを開け、男を部屋に招き入れる。

 

バタン。カチャ。

 

ドアを施錠したことを確認すると、

「菜々ぁ、会いたかったよぉ」

ガバッと強く抱き締められた。

「はいはい、今日もお疲れ様でした!廉…」

そう言って背中に腕を回し、トントンと優しくたたいて慰めてやる。

そう、今私はあのイケメンアイドル、RENの腕の中にいるのだ。

 

―――

 

廉は私の高校の同級生で、当時は細々とモデル活動をしていた。

私は、彼の仕事と学業との両立に奮闘する姿を見て、応援しているうちに自然と仲を深めていった。

次第に人気も仕事も増えていく廉の姿を間近で見ながら、私は廉が遠い存在になっていくのを寂しく感じていた。

 

しかし、廉は私を手放すことはしなかった。

 

大人気アイドルにまで上り詰めた今でも、こうして私との時間を作ってくれる。

まぁ、これには廉のマネージャーの協力があってこそなのだけど。

だから今もこうして、私はあの頃と変わらず廉の腕の中にいられるというわけだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53860Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41785Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39328Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36851Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28533Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22057Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14387Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14268Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14246Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る