金で男を買う女

・作

過去のトラウマからセックスができなくなってしまった、れいな。かといって性欲がないわけではない。一念発起して女性用風俗店の門を叩くが、そこに待ち受けていたのは想像を絶する快楽の連続だった。極上の快楽が忘れられない、れいなのその後とは…?

今日は彼と初めてのお泊まりコース。
温泉に1泊2日。
さて、いくらかかるのかしら…なんてね。

まぁ、そんな野暮なことは考えないで、思いっきり楽しもう。

「ごめん、お待たせ。行こっか!」

時間ピッタリに到着した彼に切符を手渡し、代わりに腕を組んで改札を通る。

さぁ、夢の時間の始まり…。

 

―――

 

遡ること半年。

私はスマホ画面を見つめるだけで、ボタンを押す勇気が出せない。
どれだけ時間が経っただろうか。

女性専用マッサージ店。
所謂、女性用の風俗店。

私が見ているのは、まさにそれで。

3時間で約3万円。
プラス、交通費にホテル代、指名料等々。
決して、出せない額ではない。

意を決してメールフォームに進む。
個別の指名がなければ、年齢やタイプを入力すると、最適の相手を選んでくれるらしい。

緊張で震える指。
『紳士的』『20代後半』『細マッチョ』で申し込み完了。

すぐに返信メールが鳴って驚いた。
しかしそれはとても業務的な、当日の打ち合わせメールだった。
待ち合わせの場所と時間、目印となる服装やアイテムについてなどについて、書かれている。

あんなに緊張していたのに、淡々と進んでいく打ち合わせ…少し頭が冷えてくる。

…が、もう決めたことなのだ。
私も、いつまでも立ち止まってはいられない…。

 

待ち合わせの当日、午後2時。
今日は平日だが有休を取った。
知り合いに会うリスクを減らしたかったから。

ホテル街近くの、コンビニの外。
『キャップを被り、アイスコーヒーを飲んでます』
と伝えてある。

遠くから、黒いジャケットを着た、スリムな男性が歩いてくるのが見えた。

あの人かもしれない…。

そう思ったら急に顔が熱くなって、胸の鼓動が加速する。
始まるのだ、これから。
自分で決めたことなのに、往生際が悪いことこの上ない。

「れいなさんですか?初めまして、コウキです」

「はじめまして…」

私は俯いて、蚊の鳴くような返事をするので精一杯だった。

「行きましょうか、ゆっくりでいいので」

彼…コウキさんは、私の緊張を汲み取って歩み寄ってくれた。

「手、繋いでもいいですか?」

「あっ…、はい…」

真っ赤でカチコチになった私の手を引いて、指定のホテルへ向かっていく。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu62937Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑43460Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu35197Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑34429Views

  5. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu27277Views

  6. 評判のマッサージ店に行ったらイケメンの店員さんにクリトリスを丁寧にマッサージされちゃった。

    九条リオ22142Views

  7. 結構なお点前で

    十月夏葵20308Views

  8. 二度目の初体験

    月島満19999Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA19955Views

  10. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵19766Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る