君はもう僕のものだよ…

・作

瀬尾(せお)は、彼氏の健と私の友人だ。ある夜、「健が酔っ払って家で眠りこけている」と瀬尾から連絡をもらう。健が心配になった私は瀬尾の家に駆けつけたのだが、どうも様子が違っていて…。理性と本能の間で揺れ動く、大人の女の物語。

今夜は久しぶりの女子会で、私はついさっき帰宅したところだ。
そんなに飲んだ覚えはないけれど、猛烈に疲れて眠かった。

一方、彼氏の健は男だけの飲み会だ。

向こうはまだ終わってないのかな?
「おやすみ」の電話、待てずに寝ちゃいそう…。
大あくびをしてベッドに入ったちょうどそのとき、携帯が鳴った。

「もしもし、健?」

気がはやり、着信も確かめずに出てしまった。

「もしもし、早川さん?俺、瀬尾だけど」

瀬尾くんは健の友達で、私の友達でもある。

「あ、瀬尾くん!ごめん、てっきり健かと」

「いいよいいよ、ところでその健なんだけど…」

健は飲みすぎてフラフラになり、一人で帰れず、瀬尾くんが仕方なく自分の部屋まで連れてきたと言う。
具合が悪いわけではないけれど、酔いがさめなくて、起きてもまたすぐに眠りこけてしまうらしい。

「明日ちゃんと起きたら車で送っていこうと思ってるんだ。だから今夜は家で寝かせておこうと…ただ…」

「ただ…?」

「寝言で『美緒、美緒』って、ず~っと言ってるんだよね」

私は恥ずかしくなってしまった。
健は甘えん坊で、一緒に寝ているときはいつも私の名前を呼びながら、ずっと抱きしめている。
今夜は瀬尾くんの家だというのに、寝ぼけているのだろう。

「起きたときに、早川さんがいないと寂しいかな、って」

「健が迷惑かけてごめん!私、今からすぐに行くね」

「こちらこそこんな時間にごめん、俺じゃ添い寝もできないしさ、ハハ」

瀬尾くんの家は、健と何度も行っているので知っている。
自転車で5分ほどのところだ。

*****

健と瀬尾くんとは、大学三年生になったとき、同じゼミで知り合った。
二人は入学時からの親友らしい。
女子がほとんどいないゼミだったので、私は二人に仲良くしてもらった。

4年生になる頃、健から告白されて付き合うようになったが、それまでと大して変わらず三人で遊んでいた。

大学を卒業して就職してからは、頻度は減ったものの、やはり瀬尾くんを交えて遊んでいる。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

君はもう僕のものだよ…のレビュー一覧

  • アレ😍

    私の青春時代に同じ体験をしました
    昔を思い出して濡れてきました
    さて どうしましょう😉

    1

    さん 2022年9月22日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64262Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42401Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29983Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28327Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27849Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27264Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22958Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20480Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19933Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18550Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る