白い部屋で淫らに堕ちて…

・作

仕事のしすぎで倒れ、入院させられた私。お見舞いに現れたのは、元カレの純だった。私を諦めきれない純は、ベッドの私に淫らなことをしてくる。身動きがとれず、彼の愛撫に応えるしかない私のカラダは、すっかり濡れてしまって…。

「5日ほど入院すれば、よくなりますよ」

40代後半だろうか。
物腰は柔らかいが威厳の感じられるその医者は、ニッコリ笑った。

「5日も入院してたら仕事に響きます!」

ベッドから半分起き上がり、反論する。

「あのね…今あなたに必要なのは、とにかく『休養』なんですよ」

先生は私を再びベッドに寝かせた。

「点滴で栄養は補えます。でも、今お仕事のことを考えたら、悪化して入院が長引くだけですからね?」

親切なのか意地悪なのか、先生はニヤリと笑って部屋を出ていった。

「いいクスリよ。アンタは無茶ばっかりしてるんだから…じゃ、着替えは全部ここに置いていくわよ。また明日も来ますからね」

「お母さん、毎日来なくていいよ…」

閉まりかけたドアの隙間から、また母の顔がのぞく。

「そうそう、お仕事の方は心配いらないですって、課長さんからの伝言です」

バタン。

はああ。なんということだろう。
資料作成が遅れると、プロジェクトの進行の妨げになる。
この1ヶ月、そればかり考えて生きてきたのに…。

私は島村千秋。29歳。
仕事に生きる熱い女性…だった。
つい2時間ほど前まで。

会議中にぶっ倒れ、目が覚めたらここにいた。
この数週間、ろくに飲まず食わず、毎日明け方から真夜中まで仕事ばかりしていた。
そんな不摂生の結果らしい。

本当に心配いらないのかな?
私がいなくても資料の続き、作れるんだろうか…。

ああ、もう考えるのはやめよう。
先生の言うとおり、ちょっと休むか。
そういえば、ここのところ、まともに布団で寝ていな…かった…っけ…

*****

病院の夕飯はなかなかおいしかった。
私の手料理より何倍も…。

ちょうど食べ終わった頃、看護師さんが食器を下げに来てくれた。
入れ違いに、誰かがお見舞いに来たようだ。

「面会はあと一時間で終わりですからね」

看護師さんが部屋を出ると、入ってきたのは…元カレだった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64125Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42361Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29964Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28198Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27772Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22934Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20451Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19916Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18516Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る