悪魔に願いごとを叶えてもらう代わりに

・作

透子は30歳の冴えないOLで、彼氏いない歴=年齢だ。最近いきなり素敵な彼氏ができたけれど、実はそれは黒魔術で召喚した悪魔と契約した対価だった!契約のために悪魔に差し出したものは、ずっと透子がもてあましていたもので…

透子は小指に光る、赤い石をあしらった指輪を撫でながら深呼吸している。

ここはシティホテルの高層階で、外には都会の夜景が広がっている。

2か月ほど前に偶然出会った透子の勤める親会社社員の、3才年上の男性と付き合い始めた。順調に愛を育んできて、とうとうこの機会がやってきたのだ。

イケメンというほどではないが、柔和で誰にでも好かれそうな容姿をしており、性格も顔の通り穏やかで紳士的だ。

「あんまりにできすぎだわ、ベリアル。本当に私大丈夫かしら?」

透子が顔を上げると、そこには浅黒い肌にカラスのような黒い髪、そして血のように赤い瞳を持つ青年が映る。その青年の頭は2本の山羊のような角が生えている。

「そんなに心配なら手伝ってやってもいいぜ?どうせ俺の姿はあの男には見えねえんだから」

ベリアルと呼ばれた青年は口の端を大きく上げて笑うと、大きな牙が剥き出しになった。

透子はその姿に一瞬怯んだが、なんとか気を取り戻した。

「いえ、結構よ」

つい数ヶ月前まで彼氏いない歴=年齢で、もちろん処女だったことを思い出した。

そして思いあまって黒魔術に手を染めてしまったことを。

*****

「えぇ、まさか、本当に…?」

平原透子はいわゆるモテない女だった。
合コンはもちろん、婚活にも手を出していたが鳴かず飛ばす。処女のままとうとう30歳を迎えてしまった。

童貞のまま30歳を過ぎると魔法使いになれる、なんてふざけた俗説もあるが、女でも同じことが言えるのではないか…なんて冗談半分で考えた透子は、元々凝り性だった性格から悪魔召喚の方法を徹底的に調べて、このような暴挙に至ったのである。

彼女は今、黒色のローブを被り、怪しげな分厚い本を片手に暗い部屋で魔法陣を前に固まっていた。

何故なら魔法陣の上に半裸の男性が現れたからである。

男性は不機嫌そうに起き上がるとキョロキョロ辺りを見回し、それから自分の体を確認した後、透子に向かって口を開いた。

「あーっと、アンタが俺を呼び出したのか?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64081Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42355Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29955Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28154Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27761Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27250Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22934Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20445Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19907Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18512Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る