友達のままだったら知らなかったこと

・作

仲のいい男友達を好きになってしまったが、関係を壊したくなくて、現状維持を続けてしまっている。そんな中、二人で旅行へと出かける。宿泊先へ向かうと、二人は同じ部屋、ベッドは一つ。そしてハプニングが…。本当に男女の友情は成立するのか…。

あなたは男女の友情って信じますか?

というのも、私、大久保 真紀には親友といっても過言ではない澤田和泉という男友達がいる。話も趣味も好きなものも性格もすべて合う。

そんな素敵な友達を私は恋愛感情で好きになってしまった。でも仕方がないと思う。好きにならないほうがおかしい。と最近は開き直るようにしている。だけど、この関係を失いたくなくて、この一年ずっと友達として過ごしてきた。

今日も二人で京都に一泊二日で旅行に来ている。観光地を巡り、美味しいものを食べて、ホテルに着くと、何故か一室、そしてダブルベッドの部屋だった。予約を任せていたので和泉に慌てて問うと、

「ダブルベッド?!」

「ごめん!伝えるの忘れてた…!この部屋しか取れなくてさ〜。でも俺と真紀の仲じゃん…?」

と笑顔で言われてしまい、やっぱり和泉にとって私はただの友達なんだと突きつけられた。ここで、一つ女の色気を見せつける!という技もあるのだろうけれど、嫌われたり、距離を置かれるのが怖くて、いつも通り二人でくだらない話をして、明日の予定を立てたりする。楽しいからいいや…。

「明日もあるし、もう俺寝るね!おやすみ〜!」

和泉はベッドの真ん中を背にして横向きで眠りについてしまう。私の気持ちも知らないで、おやすみ3秒過ぎるでしょうと、呆れつつ、私も明日に備えて眠ることにした。好きな人と同じベッド…と最初は緊張したけれど、疲れもあり、すぐ眠ってしまった。

「ん…?」

身体が重くて目が覚める。まだ夜中のようだ。何だろう?と寝ぼけつつも、私は異変にすぐ気づいた。

和泉に後ろから抱きしめられている…。寝ぼけてる…?もぞもぞと身体を動かし、離してもらおうとするも、和泉は気づかない。好きな人に抱きしめられて嬉しいという気持ちよりも、誰かと間違えているのかな…と不安な気持ちが勝ってしまう。

このままというわけにもいかず、腕を叩いて起こす。

「い、和泉…!」

「んん〜…?真紀だ〜!」

起きたはずが腕の力がさらに強くなりギュッとされる。

「ねぇ!ちょっと…!」

「え…?あれ?…ごめん!!」

「…」

「夢かと思って…」

まだドキドキしているけど、距離が離れたのを確認し、寝転んだまま向かい合う形で寝返りを打つ。

「いいけど、びっくりした…」

和泉は申し訳なさそうな顔をしていた。

「ごめん…。あの…真紀は嫌だった…?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵45564Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵44071Views

  3. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月42612Views

  4. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田39817Views

  5. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも36398Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ30605Views

  7. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ28115Views

  8. いい旅、いいお湯、いいオジサマ?

    十月夏葵22118Views

  9. ワンナイトでクセになりそうなほど攻め立てられてしまいました

    アオイチョウチョ20584Views

  10. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも20254Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る