いつもと違う幼馴染から愛される夜

・作

幼馴染であり恋人でもある彼にヤキモチを妬かせたくて、わざと職場の先輩に気があるような素振りを見せるが、そのせいで彼を怒らせてしまう。普段と違う彼、そしてどれだけ止めてとお願いしても止めて貰えず彼からの愛をわからせられてしまう…。

私、小林芽衣には、幼稚園からの付き合いになる緑川保という幼馴染がいる。中学生のときに告白され、そこからは幼馴染であり恋人になった。

学部は違ったが、大学まで一緒のところを選んできたときには溜息を吐きつつもずっと側に居られることが嬉しかった。

恥ずかしくて可愛くない態度ばかりを取ってしまうので、保には私の本当の気持ちなんて微塵も伝わっていないと思う。

流石に就職先も一緒ということは、難しく22歳にして距離を置くことになると思ったが、保から同棲の申し出があり大学を卒業後は一緒に暮らしている。

*****

今日はチームで飲み会があり、帰りが遅くなった。鍵を開け、玄関からリビングへ向かうと保がソファーでテレビを見ていた。

「おかえり!」
ちらりと顔を見ると満面の笑みである。

「ただいま」

「遅かったね。仕事大変だった?」

保は、私とは正反対の性格をしていて、愛情表現をたくさんしてくれて、いつも愛嬌があり穏やかな性格で、そして可愛い。

幼稚園の頃から変わらず私のことが大好きでそれを伝えてくれる。でもそれは物心がつき始めたとき、隣にいたのが私だっただけで、いつか私よりもっと好きな人ができてしまうのではないかと、私は恐れていた。

「連絡するの忘れたけど、チームの飲み会だった。ごめん」

「…へー。そうだったんだ。チームの飲み会ってことは、前言ってた先輩も居た?」

「飯田先輩?居たけど…。なんで?」

「どうだった?」

「どうもこうも…別にいつも通り。飲み潰れた人を介抱したり、色々動いてくれて、やっぱり仕事面以外でも尊敬できるなって思った…かな…?」

「ふーん」

「聞いてきて、何…?その態度…」

表向きの態度として私は、少し怒っているような雰囲気を出しているが、内心ガッツポーズをしていた。

いつか私以外の人を好きになるかもしれないと不安だった私は、逆にそれを相手にぶつけてみたのだ。私が他の人を好きになるかもしれないと、相手を不安にさせて、離したくないと思わせたい。

そしてあわよくばヤキモチを妬かせたかった。そのために時折先輩の話を保に聞かせていた。当然先輩に対してその気なんてないが、単純に上司として尊敬しているので話に偽りはない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55675Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45326Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17155Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る