官能表現を手に入れたいある漫画家の話

・作

最近なかなか連載ができない少女漫画家の宮地ゆかり。ある日、web媒体の漫画雑誌へ短編の掲載の話をもらうことができた。しかし企画内容は”官能表現を含む成人向け”。苦労していると、担当編集者が自宅までやってきて、官能的な感触をつかむためのイメージプレイを始めることに。

私、宮地ゆかりは幼い頃からの憧れだった少女漫画家になることができてから数年ほど経過していた。
しかし競争の激しいこの業界、最近はどこかの漫画誌に連載することもなかなかできず苦戦していた。

そんな折、かつて短編を何度か掲載してもらったことのあった出版社が新しくweb媒体の雑誌を作るということで、私にも声がかかった。まずは短編を、ということではあったけれど。
これはチャンスとばかりに私は張り切って面談に望んだ。

「それではこちらの企画書を読んでいただいて何か質問があれば…」

面談室にて、そう言って渡された企画書をめくっていく。
私の向かい側に座るのは、かつて担当してもらったこともあるえびす顔の男性編集者と、その隣に見たことのないスーツ姿の男性だ。

『官能的なエッセンスを含む娯楽漫画』

といううたい文句で、似たコンセプトの漫画誌の例が載っている。やはりというかなんというか、肌色成分多めである。

「これって成人向けですよね…。私は描いたことがないのですが…」

受けたい気持ちはあるが、経験がない。私は上目使いにえびす顔の編集者に聞いてみる。

すると、えびす顔編集者は隣に座るスーツ姿の男性に目配せした。

「初めまして、高岡と申します。宮地さんの過去の作品を拝見いたしましたが、”少女向けの体を崩さない程度の表現”が私としては大変評価できました」

そう言って、高岡と名乗る男性は名刺を渡してきた。高岡 稔と書いてある。

「あるにはあります…仰るとおり、15歳以上向け程度の表現にはなります。それで良ければ…」

「そこはもう少し頑張ってほしいところですね」

高岡さんが笑った。改めて彼を見ると、グレーのスーツが似合うなかなかのイケメンだ。趣味の良いコロンの香りがうっすら漂ってくる。言ってしまっては悪いが、この中小出版社には似つかわしくないような。

「ああ、彼、親会社からの出向者なんだよ。今回は宮地さんの担当にもなるからね」

私の疑問は顔に出ていたのか、えびす顔編集者の方が答えた。
なるほど、親会社は割と有名な出版社だ。
確かに最近連載どころか読み切りもなかなか掲載できない私にとってはありがたい話に違いない。

(担当ってことは、この人に真っ先に作品を見せるのか…)

背に腹は代えられない。
私はドギマギしながら、作品作りに励むことになったのだった。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56599Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46430Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37947Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35227Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21797Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21290Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20110Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14677Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13896Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12827Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る