ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりました

・作

社畜OLの美冬は、5歳年下の妹の緋夏と同居している。ある日、美冬が定時で仕事を終えて家に帰ると、妹の部屋からエッチな声が聞こえてきて、美冬はとっさにベランダに隠れるが、妹の相手は意外な人物!妹は家を飛び出し、美冬は妹の相手とベランダで鉢合わせしてしまい…。

「お姉ちゃん、今日も遅いの?」

眠くて回らない頭でコーヒーを落としていると、妹の緋夏がキッチンに入って来た。

「そんなこと、わからない」

「早く帰って来るんなら、あたしがご飯作ってあげようかと思ったのに」

「今日も遅いよ。多分」

定時では終わらない量の仕事は常にある。

やっと脳が正常に動き始めると、緋夏が私のピンクのワンピースを着ていることに気づいた。

「それ私の…」

緋夏に、デート用にとそそのかされて買ったものの、一度も着たことのない服だ。

「へへっ、似合う?お姉ちゃん着ないから借りちゃった」

「いいけど…汚さないでね」

「了解」

「早く帰れそうだったら連絡する」

「え?遅いんだよね。いいよべつに。はぁ、1限ダルいなあ。じゃあ行って来るね」

私も身支度を整え、家を出た。

私と、5歳下の妹である緋夏は、実家のマンションでふたり暮らしをしている。

緋夏がまだ小さい頃に、母の浮気が原因で両親が離婚して以来、父と三人で暮らしていたけれど、父は2年前に再婚し、再婚相手の親と同居している。

私は外見も性格も、地味で面白味に欠ける父に似たらしく、中学の頃から緋夏の母親代わりをしてきた。

緋夏は、母に似て美しく、男の出入りが激しい。

私のデート服なんか着て、また、新しい彼氏でもできたのか?

通勤電車の中で、ニュースに目を通していると、メッセージの着信音が鳴った。

―美冬、久しぶり。元気?

涼からだった。

涼は、学生の頃からつき合ったり、別れたりを繰り返している腐れ縁の元彼で、直近では3ヶ月ほど前に別れ、それから仕事が忙しく、連絡が途絶えていた。

―うん。死ぬほど忙しいけど、生きてる。

―今日も忙しい?

突然しれっと連絡してきて、なし崩し的に復縁、というのがいつものパターンだ。

―無理すれば、空けられないことはないけど、もうちょっと早く言ってよ。

―いや、どうしてるかなって思っただけ。

なんだ、ただの生存確認か。

泣き笑いの絵文字だけを返信し、ニュースの続きを読んだ。

*****

公開日:

感想・レビュー

2件のレビュー

ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりましたのレビュー一覧

  • 設定がイイ!

    関係ないですが、東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」のラストシーンを思い出しました😆

    1

    びんびん男子 さん 2023年11月19日

  • 週間1位おめでとうございます!

    私もまゆり先生にインスパイア受けて官能小説書いてみます!

    1

    びんびん男子 さん 2023年11月24日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60111Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42205Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも36996Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34840Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25786Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23918Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18826Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17464Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16583Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る