ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりました (Page 3)

「…!」

「…美冬!なんでこんなところにいるんだよ」

見慣れたTシャツとスゥエットは、私の部屋に置きっぱなしになっていたものだ。

「ここ、私の家なんだけど、居ちゃだめ?」

「ベランダから覗いてるなんて趣味悪いよな」

「ちがうんだってば。帰ってきたらお楽しみ中だったから、出かけようとしたら涼が部屋から出てきて…」

涼が後ろから私の身体をぎゅっと抱き締める。

「やめて」

振りほどく気にはなれず、小声で言った。

「ごめんな美冬」

「何で謝るの?」

「緋夏のこと。騙されたんだよ。美冬と復縁したいかって呼び出されて、酔っ払ってつい…でも、緋夏とはもう別れる」

涼の手が私の片頬を包み、顎を押し上げ、私の唇を奪う。

「んんっ…」

キスが、すべてを帳消しにする。

上唇を啄むように甘噛みされながら、舌先で唇の内側を撫でられ、身体の奥がきゅんとなって、腰をぴくりと震わせてしまう。

唇が首筋を這い、ブラウスのボタンが外され、指先がブラのカップの中に侵入してくる。

すでに硬く尖って敏感になった先端を指先で弄ばれ、首を仰け反らせて耐える。

硬くなった涼のものが背中に押し当てられ、あそこが熱く潤ってくる。

「こんなところで…外から見えちゃう…」

ベランダは、磨りガラスの目隠しで覆われているので、胸から下は見えないとはいえ、まだ夜の早い時間なので、時折、仕事帰りらしき人が通りかかる。

「美冬、ベランダでするの好きだったよね」

まだ父と一緒に住んでいた頃、夜中にベランダから侵入してきた涼と、何度かベランダでしたことがある。

「ち、ちがっ…んああっ…」

ブラのホックが外され、露わになった突起を舌先で転がされ、もう片方は薄いブラウスの布地の上から、爪の先でカリカリと引っ掻かれる。

「んんっ…やっ…それだめっ…」

「だめなの?本当にだめかどうか確認してみよっか」

涼はそう言うと、私のスカートを捲り上げ、パンストとショーツを一気に降ろし、ぬかるんだところに指を差し入れる。

「あっ…」

「美冬のあそこ、とろとろに溶けちゃってるよ。あっ、指握られちゃった」

長い指を抜き差しされながら、親指の腹でクリトリスをぬちぬちと捏ねられ、脚の力が抜ける。

「相変わらずだね、すぐ腑抜けになっちゃうの。挿れちゃっていい?」

「つけて。使いかけのがあるから」

公開日:

感想・レビュー

2件のレビュー

ビッチな妹が私の留守中に連れ込んだのはあいつ!わからせ3Pでお仕置きしてやりましたのレビュー一覧

  • 設定がイイ!

    関係ないですが、東野圭吾の「どちらかが彼女を殺した」のラストシーンを思い出しました😆

    1

    びんびん男子 さん 2023年11月19日

  • 週間1位おめでとうございます!

    私もまゆり先生にインスパイア受けて官能小説書いてみます!

    1

    びんびん男子 さん 2023年11月24日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60154Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42268Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37018Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25808Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23933Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18859Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17471Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16601Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る