アイドルの彼氏と偶然電車で鉢合わせをして…。

・作

誰もが知っている超人気トップアイドル。そんな彼氏との秘密のデート。その待ち合わせ場所に向かう電車の中で偶然にも彼氏と遭遇する。嬉しいと思いつつもここに彼がいることがバレたらと思うと自然と無口になる。すると彼が急に私の脚を撫でながら「声出したら負けね」と囁いてきて…。

私には誰にも言えない秘密の彼氏がいる。
それは誰もが知っている超人気トップアイドルである涼介。

そんな彼と付き合えたのは、私たちが幼馴染だったから。
彼は小さい頃からアイドルになるために頑張っていた。
その夢を私はずっと応援してきた。
そして夢であるドームツアーを成し遂げた日に告白されたのだ。

今日は彼との秘密のデート。
ワクワクして電車に乗る。
すると後ろから「っわ!」と声が聞こえてきた。

それに思わず「っひぇ!」と驚いてしまう。
後ろを振り向くとそこには涼介がいた。

「なんだ…。驚かさないでよ」

「駅で後ろ姿見つけちゃってさ、びっくりさせようって思って。どう?驚いた?」

「もう!涼介って…ば…っ!」

電車の中なのに、思わず涼介の名前言っちゃった…!
今誰にも聞かれてないよね!?
それなりに混んでるし。満員電車に近い状態。
これやばいかも…!

「ふふ。大丈夫だよ。ほらみんなイヤホンつけてるから」

「確かにそうだけど…」

そうはいってもバレてしまったらきっとデートどころじゃなくなる。
久しぶりのデートが出来なくなるのは絶対に嫌!
それにイヤホンをしていない人もいるし、やっぱり電車では静かにしてよう。
電車から降りたらそれほど近い距離間にならないと思うし…。
うん。今は我慢しよう。

その考えから私は黙り込む。

そんな私を面白くなさそうに見つめる彼。
何を思ったのか突然私の脚をスリスリと撫で始めた。

「…ん…な、何?」

「ん?ゲームだよ。ゲーム。声出したら杏の負けね」

「え…?ちょ…っ!」

私の制止の言葉を無視して、彼の手がスカートの中に入ってくる。
そのまま下着の上からクリトリスをトントンと押してくる。
いきなりの快楽に声がでそうになる。

「…っん!」

「ふふ。いつまで我慢できるかな?」

あれから5分間くらいずっとクリトリスを責められている。
下着越しなのに気持ちよくて仕方がない。
久しぶりの彼からの刺激に、身体が喜んでいるのを感じる。

「…っふ…ん…!」

何とか声を我慢するが、彼の指の動きはどんどん早くなる。
どうしよう…!気持ちよくて仕方がない。

「結構頑張るね。じゃあこれならどう?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60160Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42286Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも37018Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34856Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25812Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23937Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21797Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18874Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17473Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16604Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る