アイドルを卒業した日、私はマネージャーに処女を捧げました。

・作

人気絶頂の女性アイドルグループのセンターだった私は今日グループを卒業した。これからは芸能活動を一切せず、貯めたお金でゆっくりと過ごすことを決意。ずっと好きだったマネージャーさんに最後のお礼をいいに事務所によったとき、気持ちが我慢できなくなり「私の処女を貰ってください!」といってしまい…!?

人気絶頂の女性アイドルグループのセンターだった私は今日グループを卒業した。
これからは芸能活動を一切せず、貯めたお金でゆっくりと過ごすことを決意。

理由は簡単だ。
ずっと誰かに見られる生活が苦しくなってしまった。
ただのんびりと暮らしたい。
社長や偉い人に引き留められたけど、私はもう卒業することを決めてしまったから。

でも、一つだけ卒業するのを迷った理由がある。
それはお世話になったマネージャーさんの一人である千葉さんのことが、好きになってしまったのだ。
いつも優しく気を遣ってくれる彼に、いつの間にか私の心は奪われてしまった。

だからこそ最後のお礼をいいたくて事務所に寄って、千葉さんを呼ぶ。
優しく話してくれる彼に気持ちのセーブが出来なくなる…。

「千葉さん…、私の処女を貰ってください!」

そういった私に彼のかけていた眼鏡がカチャっとズレる。
それほどまでに驚いている様子だ。

「ダメですか…?」

「ダ、ダメっていうか…。そんな、急に…、どうしたの?」

驚いてても優しく声をかけてくる千葉さんに、やっぱり好きだなと自覚する。
この思いは止められない。
せめて彼とのセックスを思い出にしよう…。
だって私はもうアイドルじゃないんだから。彼に会う資格はない…。

「ずっと好きだったんです!でも、私今日で卒業だから…」

「す!?好き!?僕を!?かなちゃんが!?」

「はい!」

「ちょ、ちょっとまって…!こんなオッサンの僕を?」

「オッサンって私とそんなに年齢変わらないじゃないですか!私はもう24歳で、千葉さんは30歳ですよね?」

「6歳も違うんだよ!?」

6歳差の夫婦や恋人なんてたくさんいる。
でもそれを引き合いに出してくるってことは…。

「…私とシたくないってことですか?そんなに私のことが嫌いですか…?」

涙が出そうになるのをグっと我慢する。
泣いたら余計に迷惑をかけちゃう…!

「そんなことないよ!!む、むしろ光栄っていうか…!ほ、本当に後悔しない?」

「絶対にしません!」

「なら…、うん。分かったよ。僕そろそろあがれるし、ホテルに行こっか」

私の頭をなでながらいう彼に私の頬が赤く染まる。
小さく「うん…」と頷き、彼の車のキーを借りて、後ろの席でドキドキする胸を押さえていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66147Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28300Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28143Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22160Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20984Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18030Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る