鬼畜上司に弱みを握られて仕事中にローターをつけられてしまい…!?

・作

私は匿名でえっちな写真を投稿することにハマっている。勿論、顔を映すなんてことはしてない!なのに直属の上司にそのことがバレて、「バラさない代わりに俺のいう通りにできるよな?」といわれローターを入れられてしまい…!?仕事中なのにスイッチを入れる彼に翻弄され快楽に支配されていく…。

私はこのストレス社会を生きる会社員。
だからこそ溜まったストレスを解放するはけ口が必要だった。

そんなときに始めたのが、匿名でえっちな写真を投稿すること。

これが思った以上にハマってしまい、今ではフォロワーの数も数千人ほどいる。
勿論、顔を映すなんてリスクがあることはしていない。

なのに…。

「このアカウントって中森だろ?」

直属の上司である植田さんにバレてしまうなんて…!

「え、な、なんのことですか?」

「ほらこのアカウントのこのバッグについているキーホルダー、俺が土産で渡したやつだろ?全員分の名前を俺が掘ったから分かるんだよ」

そうだった…!
取引先の接待でキーホルダーの名前掘り体験にいってたんだ。
これはそのときのお土産。

「…だ、誰にもいわないでください!」

私は頭を90度に下げながらお願いをする。

「誰にもね…。ならバラさない代わりに俺のいう通りにできるよな?」

「へ…?」

彼はニヤリと笑うと私のアソコにローターを入れた。
しかも無線のローター。

「な、へ、植田さん…!?」

「一日これ入れたまま仕事しろ。今からなら定時まで5時間か。ま、頑張れよ」

そういってローターのスイッチを私に見せた後ポケットにしまい植田さんは部屋を出て行った。
恐らくは仕事をしている事務所に戻ったんだろう。

幸いここは倉庫だから、誰にも聞かれていない…。
私がローターの刺激に耐えればいいだけ。

「よし…!」

そう気合をいれて私も事務所に向かった。

あれから植田さんは忘れたころにスイッチを入れてくる。
でも一人での作業中ばかりだから下を向きながら頑張って耐えていた。

喘ぎ声が漏れないように…。

「中森さん!この資料のこの会社さんの連絡先って知ってる?」

私が担当している営業部の男性が声をかけてくる。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

鬼畜上司に弱みを握られて仕事中にローターをつけられてしまい…!?のレビュー一覧

  • 上司

    こういうのは、好きじゃない

    鈴木 さん 2022年7月20日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40186Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22186Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18093Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る