鬼畜上司に弱みを握られて仕事中にローターをつけられてしまい…!?

・作

私は匿名でえっちな写真を投稿することにハマっている。勿論、顔を映すなんてことはしてない!なのに直属の上司にそのことがバレて、「バラさない代わりに俺のいう通りにできるよな?」といわれローターを入れられてしまい…!?仕事中なのにスイッチを入れる彼に翻弄され快楽に支配されていく…。

私はこのストレス社会を生きる会社員。
だからこそ溜まったストレスを解放するはけ口が必要だった。

そんなときに始めたのが、匿名でえっちな写真を投稿すること。

これが思った以上にハマってしまい、今ではフォロワーの数も数千人ほどいる。
勿論、顔を映すなんてリスクがあることはしていない。

なのに…。

「このアカウントって中森だろ?」

直属の上司である植田さんにバレてしまうなんて…!

「え、な、なんのことですか?」

「ほらこのアカウントのこのバッグについているキーホルダー、俺が土産で渡したやつだろ?全員分の名前を俺が掘ったから分かるんだよ」

そうだった…!
取引先の接待でキーホルダーの名前掘り体験にいってたんだ。
これはそのときのお土産。

「…だ、誰にもいわないでください!」

私は頭を90度に下げながらお願いをする。

「誰にもね…。ならバラさない代わりに俺のいう通りにできるよな?」

「へ…?」

彼はニヤリと笑うと私のアソコにローターを入れた。
しかも無線のローター。

「な、へ、植田さん…!?」

「一日これ入れたまま仕事しろ。今からなら定時まで5時間か。ま、頑張れよ」

そういってローターのスイッチを私に見せた後ポケットにしまい植田さんは部屋を出て行った。
恐らくは仕事をしている事務所に戻ったんだろう。

幸いここは倉庫だから、誰にも聞かれていない…。
私がローターの刺激に耐えればいいだけ。

「よし…!」

そう気合をいれて私も事務所に向かった。

あれから植田さんは忘れたころにスイッチを入れてくる。
でも一人での作業中ばかりだから下を向きながら頑張って耐えていた。

喘ぎ声が漏れないように…。

「中森さん!この資料のこの会社さんの連絡先って知ってる?」

私が担当している営業部の男性が声をかけてくる。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

鬼畜上司に弱みを握られて仕事中にローターをつけられてしまい…!?のレビュー一覧

  • 上司

    こういうのは、好きじゃない

    鈴木 さん 2022年7月20日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55680Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45344Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35639Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23884Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22988Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22734Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17159Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17135Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る