酔っ払った彼氏を介抱していたら…

・作

OLをしている花乃(かの)は、同じ職場に勤務しているカオルと交際している。ある日、職場で飲み会が開催され、酒が強くないカオルはビール缶1本で酔いつぶれてしまう。なんとかタクシーで自宅のマンションまで帰ってきたものの、ソファにカオルを寝かせると抱き寄せられ…。

「カオルくん、大丈夫?」

「ん…ダメかも…」

恋人のカオルくんはそう言うと、自分の額に右手を置いて呻く。

お酒が強くないくせに、職場の飲み会でビールを飲んでしまったのだ。

「たった1本しか飲んでないのに、本当に弱いよね」

「少しなら大丈夫だと思ったんだけど、やっぱりダメだったな…」

飲み会で隣に座っていた私は、酔いの回った彼にすぐ気づいた。

お水の入ったコップを差し出すと、彼は少しずつそれを飲む。

大きな喉仏がゆっくりと上下に動き、ちょっとドキッとした。

ソファベッドに横たわる彼が急に愛おしくなって、私はその唇にキスをする。

「ん…」

「ゆっくり休んで、落ち着いたら部屋に移動すればいいよ」

私が立ち上がろうとすると、急にカオルくんに腕を掴まれた。

「わぁっ!」

そのまま抱き寄せられて、私は勢いよく彼の身体の上にのってしまう。

「ごめん!大丈夫?」

しかし、彼は何も答えず、私の後頭部を押さえてキスをした。

「んぅ…」

舌と舌を絡めあう、濃厚なキスだった。

ふたりともお酒を飲んできたので、少しアルコールの匂いがする。

「カオルくん…」

「花乃、上に乗って」

「え?」

驚く間もなく、私は彼の上に乗る形で抱きしめられる。

彼がキスをしながら、私のお尻を撫で、指が下着の中に侵入する。

「あ、ダメ…」

「花乃、すごく濡れてる……」

カオルくんが指の動きを早めると、確かに私の中に滑らかに入ってきた。

「いや…あんっ!」

私が小さく喘ぐたびに、カオルくんは強い刺激を与えてくる。

私は彼にしがみついて、胸元に顔を埋めて声を押し殺した。

「ん、んぅっ…んぅ…」

「声、我慢しないで」

カオルくんは人差し指と中指を器用に動かして、ますます気持ちよくしてくれる。

「ん…気持ちいい…」

彼の耳元で囁くと、カオルくんにも火がついたようで、今度は私の体が下になった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 風俗でバイトしていた過去がばれ、上司に脅され犯されるなんて…

    秋宮未来76186Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵43027Views

  3. 姉が酔い潰れた夜、姉の彼氏とエッチな雰囲気になってしまった妹。罪悪感は次第に快楽へと変わっていって…

    八代もも26172Views

  4. 新しい弟と私の性事情の話。

    かぁゆ23151Views

  5. 復讐には復讐で ―慰謝料の代わりに不倫相手の妻にお仕置きされて…―

    まゆり22053Views

  6. 中国俳優はベッドで激しく私を愛する

    甘乃実弥20578Views

  7. 絶倫彼氏の愛の暴走。嫉妬に狂って連続中出し

    天音澪莉19043Views

  8. 酔い潰れている夫の真横で元彼の性玩具にされた夜

    秋宮未来18916Views

  9. 隠していたおもちゃを同棲中の彼氏に見られて意地悪されちゃった夜

    りんご18793Views

  10. お客様は元同級生??告白できなかった憧れの男子といきなりエッチすることになるなんて…

    八代もも16953Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 彼氏 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 年下クン 中出し 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る