酔っ払った彼氏を介抱していたら…

・作

OLをしている花乃(かの)は、同じ職場に勤務しているカオルと交際している。ある日、職場で飲み会が開催され、酒が強くないカオルはビール缶1本で酔いつぶれてしまう。なんとかタクシーで自宅のマンションまで帰ってきたものの、ソファにカオルを寝かせると抱き寄せられ…。

「カオルくん、大丈夫?」

「ん…ダメかも…」

恋人のカオルくんはそう言うと、自分の額に右手を置いて呻く。

お酒が強くないくせに、職場の飲み会でビールを飲んでしまったのだ。

「たった1本しか飲んでないのに、本当に弱いよね」

「少しなら大丈夫だと思ったんだけど、やっぱりダメだったな…」

飲み会で隣に座っていた私は、酔いの回った彼にすぐ気づいた。

お水の入ったコップを差し出すと、彼は少しずつそれを飲む。

大きな喉仏がゆっくりと上下に動き、ちょっとドキッとした。

ソファベッドに横たわる彼が急に愛おしくなって、私はその唇にキスをする。

「ん…」

「ゆっくり休んで、落ち着いたら部屋に移動すればいいよ」

私が立ち上がろうとすると、急にカオルくんに腕を掴まれた。

「わぁっ!」

そのまま抱き寄せられて、私は勢いよく彼の身体の上にのってしまう。

「ごめん!大丈夫?」

しかし、彼は何も答えず、私の後頭部を押さえてキスをした。

「んぅ…」

舌と舌を絡めあう、濃厚なキスだった。

ふたりともお酒を飲んできたので、少しアルコールの匂いがする。

「カオルくん…」

「花乃、上に乗って」

「え?」

驚く間もなく、私は彼の上に乗る形で抱きしめられる。

彼がキスをしながら、私のお尻を撫で、指が下着の中に侵入する。

「あ、ダメ…」

「花乃、すごく濡れてる……」

カオルくんが指の動きを早めると、確かに私の中に滑らかに入ってきた。

「いや…あんっ!」

私が小さく喘ぐたびに、カオルくんは強い刺激を与えてくる。

私は彼にしがみついて、胸元に顔を埋めて声を押し殺した。

「ん、んぅっ…んぅ…」

「声、我慢しないで」

カオルくんは人差し指と中指を器用に動かして、ますます気持ちよくしてくれる。

「ん…気持ちいい…」

彼の耳元で囁くと、カオルくんにも火がついたようで、今度は私の体が下になった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52735Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52097Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39183Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31781Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22945Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22183Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21221Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19922Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18722Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18449Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る