サークル合宿で、みんなが寝静まったら…

・作

大学のサークル合宿で県外に行くことに。飲み会の後はそれぞれが雑魚寝をすることになり、私は周囲に内緒で付き合っている彼の隣でこっそり寝た。みんな酔いつぶれていたのですぐに寝てしまったんだけど、寝たふりをしていた彼が私にキスしてきて…。

夏休みに、大学のサークル合宿で県外に泊まりがけで行くことになった。

そこはとても空気が澄んでいる場所で、川を覗けば魚が泳いでいるような自然が豊かなところだ。

「いいところだな、未玖(みく)」

私が川から視線を移すと、陸(りく)くんが穏やかな笑顔を浮かべて立っていた。

「そうだね。都会とはまるで違って、すごくいいね」

「いつか、二人で来たいな」

陸くんの言葉に、私は頷く。

私たちは付き合っているけれど、それをサークルの仲間は誰も知らない。秘密にしなければならない理由はないのだけれど、公にしてからかわれるのはお互いになんとなく嫌だったのだ。

「さて、今夜のバーベキューで食べる野菜を収穫しに行こうか」

「うん」

合宿での最大の楽しみは、なんといってもバーベキューと飲み会だった。

宿泊するペンションの側にある農家の方から野菜を安く購入することができ、さらには収穫まで体験させてもらうことになっている。

その夜はみんながハメを外しまくり、ビールの空き缶がどんどん増えていった。

私はあまりお酒に強くないため、自分は飲まずに酔った友人たちの介抱に回ったりしていたが、サークルの部長である先輩にビールを注がれたため一杯だけ飲んだ。

その後、足元がおぼつかない中で片付けを済ませたものの、全員が用意されたベッドにたどり着けず、適当に雑魚寝を始めた。

「未玖、大丈夫か?飲みすぎたのか?」

陸くんが心配そうに私の顔を覗き込む。

「ううん。ビールを一杯だけだから、平気だよ」

「だけど、顔が赤いぞ?早く休め」

その時、起きているのは私たちだけだったので、どさくさに紛れて一緒に眠ることにした。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33217Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27601Views

  3. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27600Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23874Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23336Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20152Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14128Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13870Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12942Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12623Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る