最近、彼が怪しい。見知らぬ女の人と出かけているのを見てしまい…

・作

最近、付き合っている彼氏がどうも怪しい…。私に内緒で出かけてしまうことも多く、「どこに行っていたの?」と尋ねても「別に」と素っ気ない返事が返ってくる。でも、私は見てしまったんだ。彼が見知らぬ女性と出かけているところを。彼が帰ってきた時、思わず私は泣いてしまって…。

最近、彼氏の廉(れん)君がどうも怪しい。

休みの日になると「友達と出かけてくる」なんて言ってどこかへ行ってしまうし、「どこに行ってきたの?」と尋ねてもうまくはぐらかしてばかりで答えてくれないのだ。

廉君はもともと愛想のない方ではあったけれど、私に大きな隠し事なんてしないタイプだと思っていた。

「羽純(はすみ)、俺ちょっと出かけてくる。夕方には戻るから」

今日だって日曜日なのに、洗濯物を干している私にそう言って、そそくさとアパートを出て行ってしまった。

「あ、うん…。気をつけてね」

私は寂しさを感じつつ、タオルケットを洗濯バサミで挟む。気温が高くて、すぐにでも洗濯物は乾くだろう。

「はぁ、退屈だなぁ」

しばらくはファッション誌を読んで暇を潰していたものの、いつも一緒にいる廉君がいないだけで、虚無感に襲われた。

お昼ご飯にはパスタを茹でようと思ってキッチンに立つと、あると思っていたパスタがなかった。

以前使い切った後、買っておくのを忘れていたのだ。

「しょうがない、買ってくるか」

私はバッグに財布とスマートフォンを入れ、日差しが眩しい街中へと足を踏み入れる。

スーパーマーケットで品物を買って外へ出ると、少し遠くに見慣れた顔があることに気づいた。

「あ、廉君」

それは、間違いなく廉君だった。

誕生日に私がプレゼントした腕時計に視線を落としてから、周囲を見回している。誰かを探しているのだろうか。

声をかけようか迷っているうちに、彼の元に見知らぬ女性が駆け寄っていくのが見えた。

「…え?」

廉君も彼女に微笑みかけると、二人は雑踏の中に姿を消す。

追いかけようとも思ったけれど、日曜日の街中は人が多すぎて、あっという間に二人の姿は見えなくなってしまった。

浮気、していたのだろうか。私にバレていないと思って。

「ただいまー」

夕方、廉君がいつもと同じ様子で帰宅する。私は「おかえり」も言えずに、身を固くした。

「羽純、どうしたんだよ?電気も点けないで」

廉君は壁のスイッチを押して電気を点けると、私の方に向き直る。その瞬間、自分でも驚くほど涙が溢れてきた。

「うっ…ふぅう…」

「え、羽純。どうしたんだよ?」

廉君はびっくりして、私を抱きしめて背中を撫でた。おでこにキスされて、私はまた唇を震わせて泣いた。自分の心が、嫉妬でモヤモヤする。

「廉君…」

「ん?」

「今日、女の人と歩いてた…?」

「……見てたのかよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68578Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27490Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22629Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19724Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る