私の彼は、嫉妬深い年下クン。

・作

30代半ばのOL・美沙(みさ)は、バリバリ働くキャリアウーマンとして職場で重宝される存在だ。そんな彼女は、同じ職場に10歳年下の恋人・力弥(りきや)がいる。周囲に内緒で交際をするふたりだが、仕事が終わればプライベートでは毎晩、激しいセックスを繰り返していて…。

「お疲れ様でした~」

仕事が終わり、部署から次々と社員が帰宅する。

私がデスクの上のファイルをまとめていると、目の前に座る力弥くんが声をかけてきた

「美沙さん、お疲れ様でした」

「力弥くんも、お疲れ様。最近、ずっと残業が続いていたから疲れたでしょう?」

「いいえ。俺は、そんなんでもないですよ」

力弥くんは私より10歳年下の24歳で、まだ入社2年目の男の子だ。

同期の中で誰よりも仕事ができる彼は、上司からの信頼も厚い。

「じゃ、また明日」

「ええ、またね」

そう言って、私たちは手を振って別れる。

だけど、これは周囲に内緒で付き合っている私たちのパフォーマンスに過ぎない。

そのまま、別々のルートで帰宅するフリをして、力弥くんのマンションへ向かう。

ちょうどドアの前で落ち合った私たちは、彼がカギを開けると無言のまま室内に入る。

その瞬間、力弥くんの野生の本能が呼び覚まされたような気がした。

*****

「んっ…」

マンションの玄関扉を閉めた瞬間、力弥くんが私を抱き寄せてキスをする。

お互いのカバンはドサッと床に落ちたけれど、構う余裕はない。

「んぅ…」

「美沙…お前今日、なんで中山と話してたんだ?」

「んっ…いつの話?」

質問してきたわりに、力弥くんは深いキスをやめない。

呼吸をする時に一瞬だけ唇は離れるものの、まだまだキスを堪能しきれていないのだろう。

「昼休憩が終わって、午後に始業してすぐだよ。なんか、親密そうにしていたけど」

中山くんとは力弥くんと同期入社の男の子で、ひょうきんな一面があった。

仕事でも小さなミスをするような子だったけど、可愛がられているのはそのせいだと言える。

「別に、普通の話だよ。休日に彼女とランチに行くから、オススメの店を教えてって」

「それなら、他にも女はいっぱいいるだろ。どうして美沙に聞くんだよ」

「…力弥くん、妬いているの?」

キスを続けながら私がわざといじわるっぽく微笑むと、途端に力弥くんが真顔になる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72398Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26306Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25615Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る