私の彼は、嫉妬深い年下クン。

・作

30代半ばのOL・美沙(みさ)は、バリバリ働くキャリアウーマンとして職場で重宝される存在だ。そんな彼女は、同じ職場に10歳年下の恋人・力弥(りきや)がいる。周囲に内緒で交際をするふたりだが、仕事が終わればプライベートでは毎晩、激しいセックスを繰り返していて…。

「お疲れ様でした~」

仕事が終わり、部署から次々と社員が帰宅する。

私がデスクの上のファイルをまとめていると、目の前に座る力弥くんが声をかけてきた

「美沙さん、お疲れ様でした」

「力弥くんも、お疲れ様。最近、ずっと残業が続いていたから疲れたでしょう?」

「いいえ。俺は、そんなんでもないですよ」

力弥くんは私より10歳年下の24歳で、まだ入社2年目の男の子だ。

同期の中で誰よりも仕事ができる彼は、上司からの信頼も厚い。

「じゃ、また明日」

「ええ、またね」

そう言って、私たちは手を振って別れる。

だけど、これは周囲に内緒で付き合っている私たちのパフォーマンスに過ぎない。

そのまま、別々のルートで帰宅するフリをして、力弥くんのマンションへ向かう。

ちょうどドアの前で落ち合った私たちは、彼がカギを開けると無言のまま室内に入る。

その瞬間、力弥くんの野生の本能が呼び覚まされたような気がした。

*****

「んっ…」

マンションの玄関扉を閉めた瞬間、力弥くんが私を抱き寄せてキスをする。

お互いのカバンはドサッと床に落ちたけれど、構う余裕はない。

「んぅ…」

「美沙…お前今日、なんで中山と話してたんだ?」

「んっ…いつの話?」

質問してきたわりに、力弥くんは深いキスをやめない。

呼吸をする時に一瞬だけ唇は離れるものの、まだまだキスを堪能しきれていないのだろう。

「昼休憩が終わって、午後に始業してすぐだよ。なんか、親密そうにしていたけど」

中山くんとは力弥くんと同期入社の男の子で、ひょうきんな一面があった。

仕事でも小さなミスをするような子だったけど、可愛がられているのはそのせいだと言える。

「別に、普通の話だよ。休日に彼女とランチに行くから、オススメの店を教えてって」

「それなら、他にも女はいっぱいいるだろ。どうして美沙に聞くんだよ」

「…力弥くん、妬いているの?」

キスを続けながら私がわざといじわるっぽく微笑むと、途端に力弥くんが真顔になる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな56661Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな46504Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵37959Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも35235Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも21832Views

  6. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu21320Views

  7. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉20134Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14693Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13922Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田12840Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る