先生、お注射してください

・作

田舎に赴任した真希は退屈な暮らしを送っていた。そんな時、村にダンディな獣医師・圭吾がやってくる。逆ナンに成功した真希は、圭吾と情熱的なセックスを楽しむ。真希は欲望に抗えず、「お医者さんごっこ」をリクエスト。しかし圭吾のお医者さんごっこは、真希が想像した以上にハードなものだった…!

圭吾が最初の射精をするまで、私は3度イかされた。

「ごめん、余裕なくてがっついちゃった」

私に覆い被さったまま、圭吾が小さくつぶやく。

40代とは思えない童顔が、人懐っこい笑顔を浮かべていた。

「いいの。きもちよかった…から」

力なく返事をしたが、声が掠れてうまく話せない。

余裕がないとは思えないテクニックだったと、私は妙に感心していた。

「真希…」

圭吾が上目遣いで私を見た。

「ちょっと休憩したら、また抱いていい?」

年上の男のおねだりは、たまらなく愛おしい。

特に圭吾の場合は、雄々しい肉体とのギャップがあって、さらに私の心を鷲掴みにした。

「いいよ」

「よかった。次もたくさんイかせてあげるね」

その言葉だけで体が疼(うず)く。

これが相性というものだろうか。

会ったばかりの男と寝たのは、今夜が初めてだった。

*****

この春、東京の本社から地方の営業所に飛ばされた。

「空気がおいしい」と感じたのは最初の1週間だけで、あと8時に閉まるコンビニと虫の多さに泣いた。

田舎の人はやさしいと言うが、ここの住民は例外だ。

よそ者に厳しく、コミュニティは極めて閉鎖的。

そのくせ、東京の人間をジロジロと干渉する。

街を歩くとまるで島流しになった罪人の気分だった。

私ののどかな田舎ライフは、不便と孤独に耐久する修行へと変更された。

そんな荒修行の副作用だろうか、私は思いっきり誰かに抱かれたいと思うようになった。

今夜はその痴心が最大値だったのかもしれない。

役場で見かけた圭吾に、私は声をかけた。

*****

「しかし役場で逆ナンとは、君も大胆だね」

タオルで汗を拭きながら、圭吾がクスッと笑った。

「年寄りしかいない田舎にこんなイケメンがいたら、そりゃ声かけるわよ」

「真希は肉食系なんだな」

「そんな安っぽい言葉で片付けないでちょうだい」

私は圭吾の広い背中を、パシって平手打ちした。

「ごめんごめん。移住した初日にお誘いを受けて、僕は幸運な男だよ」

「口がうまいのね」

私は彼を部屋に誘ったことを、少し後悔し始めていた。

圭吾は童顔だが品のある造形で、見れば見るほどイイ男だった。

偉ぶったところがなく、紳士的なセックスをする。

時間かけてもよかったかな…。

昔読んだ恋愛ハウツー本が頭をよぎる。

会ったその日にセックスしろ、とはどの本にも書いてなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52739Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52101Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39183Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31791Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22947Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22183Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21226Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19925Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18722Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18453Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る