帰省の夜は甘くて淫ら

・作

数年ぶりに田舎に帰省した晴香。その晩、母親とケンカして家を飛び出してしまう。東京へ帰ろうとするが、最終電車はとっくに行ってしまい途方に暮れる。そこへ現れたのは元カレの遼介だった。大人になったふたりの甘く淫らな夜が始まる…。

私を組み敷く腕には、くっきりと日焼け跡があった。

「晴香、もう動いていい?」

「んはぁっ…待って…まだイってるから…」

私は肩で息をしながら、遼介の手の甲に頬を寄せた。

「そんな可愛いことされて、我慢しろって方が無理」

男らしい太い眉を下げて、遼介が苦笑いする。

私のナカで男根が、ドクっ…と大きく脈打った。

「ぁあん…っ」

「ごめん、動くよ」

遼介は自身を引き抜くと、私の最奥を突き上げた。

「ンぁああっっ!」

えぐるようなピストンが再開される。

「あぁっああんっっ!だめっまたイっちゃう…っ!」

「晴香っ…すげぇ気持ちいい…」

「はぁんっ…遼介っ…キスして…」

「いいよ」

熱く柔らかい感触が口を塞ぐ。

「んんっ…ンっ」

私は目を閉じると、彼の舌を追いかけた。

*****

7年ぶりの帰省は最悪だった。

元々折り合いの悪い母親と言い合いになり、私は実家を飛び出した。

荷物を抱えながら駅へ続く田舎道を歩く。

しかし東京のダイヤに慣れてしまった私は、田舎の終電の早さを忘れていた。

「うそでしょ…」

終電はとっくに過ぎていた。

静まりかえった駅舎の前で、子供のように座り込む。

「どうしよう、今さら戻れないよ…」

私を嘲笑うように、遠くで牛蛙が鳴いていた。

「晴香?」

突然、名前を呼ばれて私は顔を上げた。

帽子を被った大柄な男が、こちらをじっと見つめている。

「やだ、誰…」

私は思わず身構えたが、すぐに体の力を抜いた。

「遼介?」

「おう、久しぶりだな」

今にも消えそうな街灯が、懐かしい顔を照らしていた。

*****

「今日は泊めてくれてありがとう」

床に落ちた服を拾い集めながら私は言った。

「こっちこそ、その…」

遼介はベッドから起き上がると、

「泊めるだけじゃ済まなくて、悪りぃ」

と言って頭をかいた。

首筋に私がつけた爪痕が残っている。

情事の激しさを思い出し、下腹部がジン…と熱くなった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53807Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41688Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36833Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28524Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22039Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20531Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14376Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14244Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る