ヒッチハイクの夜~粘膜3点責め~

・作

失恋で自暴自棄になった美緒は、ヒッチハイクで一晩の相手を探していた。そこでイケメン紳士・拓真に出会う。好みの男の車に乗り込むことができ、運に感謝する美緒。さっそく妖艶に彼を誘うが、彼の性癖は美緒の想像を超えるもので…。

「もうあんな真似をしてはいけないよ」

ハンドルに手をかけたまま拓真が言った。

「はーい。ヒッチハイクなんてもうしません」

私は少し口を尖らせて、薄っぺらい返事をした。

「僕だったからよかったけど、悪い人の車だったら今ごろ…」

「今ごろ、犯されちゃってる?」

冗談っぽくそう言うと、拓真は横目で私を睨んだ。

切長の瞳に鋭い視線。

年の頃は40歳手前といったところだろうか。

シャープな顔立ちにカラスのように艶やかな黒髪がよく似合っている。

毛先が車窓から入り込んだ潮風で揺れ、撫でるようにそれを整える節張った指がエロティックだった。

「だとしたら、どんなふうに犯されちゃうのかしら?」

私は小さく吐息を漏らし、誘うように上目使いで彼を見た。

「車の中で?それともホテルに連れ込まれて?」

「キミねぇ…」

呆れた、とでも言うように拓真が眉を下げた。

「美緒って呼んで」

「…美緒、ひょっとして悪い人の車に乗りたかったのかな?」

車が交差点に差し掛かかり、ゆっくりと停車した。

「どうかしら。でも、あなたが悪い人ならいいにのにって思うわ」

私は運転席の方へ体を傾けた。

この男の車を引き当てた私は、一生分の運を使い切ったのかもしれない。

ダークカラーの高級車の窓から彼が顔を出した時、体に電気が走った。

街中で見かけたら思わず振り返ってしまいそうなイイ男。

色気を含んだ大人の清潔感がある。

物腰こそ柔和だが、欲深そうな鋭く雄々しい目をしていた。

この人なら元彼のことを忘れさせてくれるかもしれない…。

「ねぇ、今夜だけ悪い人にならない?」

高級そうなズボンの膝に手を置くと、拓真はピクリと眉を動かした。

「随分と大胆なんだね」

私は拓真の太ももに手を滑らせた。

「正直に言うわ。私、失恋したばかりでムシャクシャしてるの」

「自暴自棄ってやつか」

「そう。嫌なことを忘れるにはセックスが一番でしょ?」

太ももの内側を指先でなぞる。

「…っ」

拓真が小さく吐息を漏らした。

私は彼の顔を覗き込むと、わざとらしく胸を寄せた。

「だからお願い。悪い人になって、私のことめちゃくちゃに犯して…」

「キミには…いや、美緒にはそういう趣味があるのかい?」

「趣味じゃないけど興味ならあるわ」

「へぇ…そうか」

一瞬、拓真がニヤッと笑ったように見えた。

信号が青に変わりフロントガラスが青に染まる。

車がゆっくりと動き出し、彼はそれ以上言葉を発しなかった。

海岸沿いを少し走り、やがて薄暗い脇道に入った。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな53802Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな41658Views

  3. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも39308Views

  4. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵36828Views

  5. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu28521Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉22037Views

  7. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも20525Views

  8. 幼馴染と再会し一週間お試しで付き合うことにOKしたけど、キスの先を望むくらい欲情が溢れて…

    八代もも14375Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな14258Views

  10. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉14242Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る