魔性の双子に捕らわれてしまったらもう逃げられない

・作

私には2歳年下の双子の幼馴染がいる。家が隣同士で、小さい頃からずっと一緒に育ってきた。そんな2人を異性として意識したことはなくずっと弟のように思っていた。だけどそんなある日、双子の兄である右京から突然大事な相談があるとの連絡が…。なんの相談か分からないまま、私は相談に乗ることを決めた。まさかあの相談からあんなことになるなんて・・・!

私には幼馴染がいる。

2歳年下の双子、田辺右京(たなべうきょう)と左京(さきょう)だ。

家が隣で親同士も仲がいいため、まるで姉弟のように育ってきた。

弟としてしか見てなかった双子とまさかあんなことになるとは…。

*****

それは突然のことだった。

ある朝、右京から一件のメールがあった。

「真夜ねぇに相談したいことがあるんだ!一大事だから助けてくれ!」

詳細は書かれず、ただ相談したいことがあるとだけ書かれていた。

何があったのか分からないけれど、とりあえず私は仕事終わりに話を聞くことにした。

仕事が終わり、私と右京はよく一緒に行く居酒屋で合流した。

「おつかれさま。とりあえず飲もっか」

「おつかれ〜。真夜ねぇ、突然ごめんね?とりあえずここは奢るからさ!」

「奢ってくれるの?やったー!とりあえず生で!」

注文したお酒や料理が揃ったタイミングで乾杯をし、私は冷えたビールを喉に流し込む。

そして何があったのかと切り出した。

「それで?何かあったの?」

「実はさ…恥ずかしい話なんだけど…俺、この間彼女が出来てさ…」

「え!彼女?良かったじゃん!」

「うん…それでさ…初めての彼女だから色々どうしたらいいか分からなくて…」

「うんうん、それで参考にするために私から色々聞きたかったってことね!」

「そうなんだよ」

それからどんな彼女なのか、馴れ初めなどを聞いていたらあっという間に時間が過ぎていってしまった。

ついついテンションが上がってしまい、ハイペースで飲んだ私は真っ直ぐ歩けないほど酔っていた。

「おいおい真夜ねぇ…大丈夫か?」

「うーん…だーいじょーぶー」

「大丈夫じゃないじゃん…とりあえず終電もないし、家来る?俺が誘ったしさ」

本当であれば彼女がいる幼馴染の家に上がることはいけないことだと分かっているが、その時の私は流れに身を任せてしまった。

そうして誘導されるがままタクシーで右京の家まで向かった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33193Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27598Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27594Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23850Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23334Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20152Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14128Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12942Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12620Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る