隠された存在

・作

交通事故で最愛の夫を亡くした私は、1人で娘を育てるために必死で生きている。事故の日から1年後、私は偶然にも夫の双子の兄に出会う。しかし夫の口から聞いたことが無かった兄弟の存在。昔話を聞くために双子の兄と再び会うことにしたが、なぜ夫がその存在を隠したかったのか家に行ってから分かるのだった…。

昨年の秋、私は最愛の夫を亡くした。

それはあまりにも突然の出来事だった…。

あの日から1年が経とうとしているが、私は未だにその事実を受け入れられずにいる。

旦那は何か病気を患っていた訳では無い。

ただいつものように仕事を終え、我が家へ帰ろうとしていた時、飲酒運転の車に巻き込まれてしまったのだ。

まだまだ一緒に娘の成長を見届けたかったのに…。

もっと一緒にしたいこともあったのに…。

私は大きな喪失感を抱えながらも、まだ小さい娘のために頑張って毎日を生きていた…。

*****

「ほら美玖!もうお家に帰るよ!」

平日は私も仕事をしているし、娘は幼稚園へ通っているため、なかなか一緒にゆっくり過ごすことが出来ない。

だから今日は少し離れたショッピングモールへ2人で買い物に来たのだった。

しかし帰ろうとしても、娘の美玖が嫌がって、少し離れたところに座り込んでしまったのだ。

あまり来ない場所だからだろうか…。

「もうお母さん1人で帰っちゃうからね!」

私はわざとらしく娘に背を向けて歩き出した。

すると焦った娘が急いで立ち上がり、こちらへ向かって走ってくる。

その時…。

ドンッ

「あっ!ごめんなさい…!」

なんていうことだろうか。

娘が走り出した瞬間、通り過ぎようとした男性にぶつかってしまった…。

私は咄嗟に娘の元へ駆け寄り、その男性に向かって謝罪をする。

「大丈夫ですよ。むしろ娘さんは大丈夫でしたか?」

私は男性の優しい声掛けに一安心し、顔を上げる。

「え…?」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66159Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28150Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22176Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20988Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18065Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る