素直じゃない私の素直な身体

・作

昔から素直に欲求を口にできない私。しかし彼は、私の表情や反応から私の求めることを的確に察してくれる。だから私は今日も、はちみつのように甘い彼との夜に身をゆだねる。私はきっと、彼から離れることはできないだろう。

「うぅ…や…」

「いやなの?ゆず」

昔から素直じゃない自覚はあった。ほしいものをほしいと言えなかったり、喜びを正直に表せなかったり。

性行為において、お互いにしてほしいことやしたいことをきちんと伝えた方がいいってのはなんとなくわかる。

わかっていても、どうしても気恥ずかしさや遠慮が邪魔をしてしまうのだ。

そのせいで、今までうまくいかないことが多々あった。

素直になれないくせに、私の身体は一度や二度達しただけでは満足できない。

そのせいで、昼間にデートで当時付き合っていた相手と行為をしたというのに、ものたりなくてその晩自分の身体を慰めることもあった。

しかし言葉で表すのが苦手な分、多少の我慢は必要だと自分に言い聞かせていた。

「ナカ、すごいことになってるね。ぐしゃぐしゃで指がすんなり入るよ」

「お願い…いわないで」

「いわないで?…興奮するからもっといって、の間違いじゃないの?」

「ひ、ぁ……」

「こういうこといわれるの大好きだもんね、ゆず」

それ以上いわないで。私はいやいやと頭を振った。

なのに、彼は口元を緩ませたまま言葉を紡ぎ、おかまいなしに奥へ奥へ指先を滑らせる。

彼は、相手の表情や声音から感情を察する能力にとても長けていた。

私がひた隠しにしている心の奥底にある熱を、彼はいともたやすく汲みとってしまうのだ。

だから、私がどれだけ羞恥で口先だけの拒否を重ねようと、彼にはすべてもっともっととねだっているようにしか聞こえていない。

「ゆずは素直じゃないよね。もっとほしいくせにやめてっていう」

そういって彼は私の耳へ何度も口づける。甘く優しい快感に、頭がくらくらする。

「でも、身体はすごく素直。ココとかも、指に絡みついてもっと触ってやめないでってずっといってるよ」

「や、ぁ……んんっ!」

彼の、男の人の長い指でとろけたナカをかき混ぜられると、私は簡単に達してしまった。

そんな私を見て、彼は小さく笑った。

「もうイッちゃったの?相変わらずはやいなあ」

楽しそうに笑う彼。私は快感の余韻に浸りながら、そんな彼を眺める。軽口に言葉を返す余裕なんてなかった。

私のナカは、その間も彼の指をそっと締めつける。

まるで、まだ抜かないで、とでもいうように。

「ね、これでおしまいでいいの?」

いたずらっぽい笑みを浮かべて私の頬を撫でる。

悩む間なんてない。彼の問いへの返事は決まっていた。

「やめ、ないで…」

素直じゃない私は、快感に身を任せてから初めて、ほんの少しだけ素直になれるのだった。

Fin.

この作品が良かったら「いいね!」しよう

5

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72375Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37692Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26896Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25613Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る