鏡の中の私

・作

セフレの竹下くんはとても意地悪だ。わざと私が恥ずかしがるようなことをして、私のことを弄(もてあそ)ぶ。しかしどれだけ恥ずかしい思いをさせられても、一度快楽に溺れてしまった身体はその絡みつく沼から抜けだすことができない。

「見てください、京子さん」

「俺の指があなたのぐちゃぐちゃのナカにずっぽり入ってますよ」

「京子さんの柔らかいナカが俺の指に絡みついて抜けそうにないです」

「そんなに俺の指がイイんですか?」

「ぁ…だめ、竹下くん言わないで…」

ゆっくり、ゆっくりと男の人の太くてしっかりとした指が内壁を撫でていく。

優しくて丁寧な愛撫。

しかし、そんなわずかな刺激すら私を快楽の底に突き落とす。

「うう、だめ…いっちゃう…」

「早いですよ京子さん…俺、まだ触り足りないんですけど」

そういいながらも彼は指を動かすのをやめない。意地悪な笑みを浮かべながら、彼の指は私の中をどんどん押し進んでいく。

だめ。口ではそういったが私も欲しくて欲しくてたまらなかった。もっと気持ちよくなりたくて、また彼の指を締めてしまう。

「あ、また締まった」

「やぁ……っ、あ…」

彼はとても意地悪だ。私の反応、身体の動きについてこと細かくいわれるのは苦手…そう伝えているのに、でもそうした方が京子さんは興奮するでしょう? なんていってやめてくれない。

図星なのだ。

いかに彼の指、彼の身体に私が溺れているか。それを言葉にされると身体の芯がきゅう、と切なくなる。

私はきっと根本がMなんだろうと思う。

「ほら見て」

耳元で、わざとらしく甘ったるい優しい声で彼はいう。

薄ぼんやりとした視界で彼の指差す先を見ると、そこにあるのは全身鏡。その中には、肌は火照り汗ばんで、熱い吐息を漏らす女--私の姿があった。

*****

「や、ぁ…!」

私は勢いよく鏡から目をそむける。しかし、竹下くんはそれを許さず、私の顎に手を添えて鏡の方へ顔を向けさせた。

「ねえ京子さん。この鏡の中で気持ちよさそうな顔をしているのは誰?」

「…っ!」

「教えて?」

ぞくり。背を走る甘い痺れ。そんなこといわなくても誰かなんて彼だってわかっているはずなのに、わざといわせるのは…。

「教えてくれないの?」

「ひあ、っぁ…! まっ…そんなに…かき回し…ちゃ…」

「俺の質問に答えて?」

さっきよりも水音が増す。身体がこの状況に興奮してしまっているのだ。それは竹下くんも気づいている。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72285Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38213Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37672Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26852Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26272Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25593Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24152Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20449Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19879Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17563Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る