夢遊病の彼に犯されて

・作

夢遊病の彼氏を持つ主人公・紗穂。夢遊状態の彼に今夜も無理やり抱かれている。激しく責め立てるセックスは、普段の優しい彼からは想像もできない。繰り返される絶頂に紗穂の体は翻弄されていく。やがて本当の彼では満足できなくなってしまい…。

下腹部の圧迫感で私は目覚めた。

まだ暗闇に目が慣れない。

それでも自分の体に覆い被さっているのが、恋人の透だとすぐにわかった。

「透…何して…ああっっ」

ズシンっと体の中心を熱が貫いた。

「いやぁ…ああッ!やめてっ」

私の腰を掴んだ透が、ぐりぐりと自身をねじ込んでいる。

根元まで男根が押し込まれると、入り口の圧迫感が鈍痛に変わった。

「やだ…っ…痛いっ…ぁああっ」

透が一心不乱に腰を揺らし始めた。

私の声は彼の耳に届いていない。

「いやぁ…ああっ…こんなの…っ」

私の頬に絶望の涙が伝う。

いつの間にか下ろされたショーツが、足首でゆらゆらとぶら下がっていた。

*****

透が夢遊病だと知ったのは半年前だ。

真夜中にふらふらと起き上がっては、部屋を徘徊する。

目は開いているが話しかけても反応はない。

無意識のうちにシャワーを浴びたり、食事を摂ることもあった。

その間の行動を、透は全く覚えていないらしい。

原因はきっと仕事のストレスだろうと彼は言った。

それで、私たちは同棲を始めた。

透を近くで支えたいと、私が強く願ったのだ。

彼は申し訳なさそうにしていたが、愛する人との新生活に私は浮き足立っていた。

その時の決断を、今では少し後悔している。

1ヶ月ほど前から、透は夢遊状態で私を抱くようになった…。

*****

「いやぁっ…透っ起きて!ぁあンッ」

透はいっそう腰の動きを深くした。

えぐるようなピストンが次第に速くなっていく。

蜜壺はまだ十分に濡れていなかったが、すでに鈍痛はおさまっていた。

「あああッああっやめてっ…はぁんんッ」

透が角度を変えて、上壁にペニスを押し込んだ。

「あああッッ!!!」

強烈な快感が全身に走る。

亀頭が押し上げたのは、私のGスポットだった。

「あ…あああッ…そこぉ…だめ…」

透は震える私の両脚を抱えると、ねっとりと腰を引いた。

そしてGスポットに狙いを定めると、連続して肉棒を打ち付けた。

「んあああッ!はぁっあああっあああっ!!」

私は背中を弓なりにすると、大きく体を跳ね上げた。

愛液が飛び散り、派手にシーツを濡らす。

ジュプジュプと淫らな音を立てながら、私は絶頂に達した。

「はぁっ…あ…ああぁ…私…イっちゃった…」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27490Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25099Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19708Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る