幼なじみが欲しい

・作

幼なじみで腐れ縁の雷太をひそかに思っていた私は、ある晩……欲望のまま酔いつぶれて眠る雷太に手を伸ばした。一度だけでいいから雷太が欲しかった。雷太を拘束し、フェラチオをしていると、突然雷太に抱きしめられ、ベッドへと組み敷かれた……。雷太の瞳が欲情に濡れていた。

すっかり外は冷え込んで、骨に沁みるような寒さの中、公園の木立沿いにある暗くて狭い路地を、ふらふらと蛇行しながら歩く二人の姿があった。終電を逃し、すっかり人気のない暗闇の中、電灯の明かりだけを頼りに先を進む。

「ちょっと、マジで、勘弁してよ、重たい……」

「俺は……俺は、ダメな人間だぁ!」

ネクタイをだらしなく首からぶら下げ、私の肩に寄り掛かるこの男は、私の幼なじみの雷太だ。小学校の入学式でたまたま隣の席に居合わせたあの日から、私たちの腐りきった縁が続いている。

失恋をし、真っ赤な顔をして酔いつぶれる雷太を見て、毎度のことながら呆れてしまう。雷太は優しすぎる。尽くす男なのだろう……そしてなぜかどうしようもない悪い女に惚れてしまう。敢えて自らいばらの道に突き進んでいるようにさえ思える。そんな雷太に恋をしている私も、とんだ大馬鹿野郎だと思う。

今夜も雷太のアパートまで送り届けた。慣れた手つきで雷太の鞄から鍵を抜き取ると、部屋に入り、ベッドへと雷太を放り投げた。気持ちがよさそうに体を捩り、むにゃむにゃと寝言を言う雷太を横目に、私は踵を返して玄関に向かおうとした。

「んー、千沙……」

「……何よ」

寝ぼけているのか甘ったるい声色で私の名前を呼んだ。まるで愛でるようなその声に、体が動かせなくなった。大きく息を吐くと高鳴る胸を押さえた。このまま、ただの『友人』でいいのだろかという思いが強くなる。
今夜だけ、ちょっとだけ、ほんの少しだけ。

自分に精一杯の言い訳をして雷太に近づいた。仰向けで眠る雷太の頬にそっと触れる。想像よりも肌はしっとりとしていた。顎に触れ、唇をなぞった。男らしいふっくらとした唇に自然と唇を寄せてキスをした。

触れるだけのキスでもゾクゾクする。離れることができずにさらに深く、食むように雷太の唇を味わう。ビールの香りがするキスだった。一度触れてしまえばタガが外れたように止まらなくなる。下唇を舌でなぞり、歯列で閉じられていた口内へ舌を伸ばす。さすがに雷太も苦しかったのだろう、眉をひそめてうっすらと目を開けた。でも、もう知られてしまってもよかった。私には、今、このときが必要だった。

「ん、あ……?ち、さ……、んむ……」

キスの合間に覚醒した雷太が声を出す。口づけているのが私だと認識してくれている、千沙と呼んでくれることがうれしかった。

口の中のいたる箇所に舌を伸ばし、口を大きく開けさせて、甘い粘膜を堪能し尽くした。苦悶の表情を浮かべる雷太の表情が蠱惑的だ。酒のせいなのか抵抗しない雷太のシャツの中に手を入れ、脇腹や控えめな胸の尖りに触れる。そこはしっかりと硬くなり、触れてほしいと訴えていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑52640Views

  2. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu52023Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu39156Views

  4. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu31654Views

  5. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵22921Views

  6. 二度目の初体験

    月島満22162Views

  7. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑21205Views

  8. 雨宿りから発展した同期との仲

    夢咲 花笑19887Views

  9. 色魔に取り憑かれた私の長い一日

    AYA18717Views

  10. 彼に構ってもらえなくて、寝ている彼の横でオナニーを始めた私

    夢咲 花笑18377Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る