夏物語。夜空に咲く花と深い愛

・作

花火大会の日。浴衣姿の私に視線を送る男たちに嫉妬した彼氏が欲情してしまい、そのまま人気のない神社の奥で始まるエッチな遊戯。独占欲の強い彼が暴走し、容赦ない焦らしプレイとバックからの激しい突き上げ。打ち上げ花火が彩る夜のラブラブエッチ。

夏祭りの夜、神社の奥にある人気がない樹木の立ち並ぶ木の下で、彼氏の仁に肩を抱き寄せられ、何度も何度も唇を奪われた。

『んん…ッ』

深くて荒くて甘いキス。

私はただ仁の行為を受け止めていた。

「さっきから男たちみんな紬のこと見てたよ?俺の女なのに、ほんとムカつく」

祭りのメインである打ち上げ花火の音が鳴り響く中、仁は私の首筋を舌でなぞり、ゆっくりと胸元へ手を這わした。

グイッと、強引に浴衣の襟元を左右に開かれる。

『やっ…恥ずかしいよ…』

「何を今更。いつも散々シてるのに」

『でもここ、外だよ?家に帰ってから…』

まるで私の言葉なんて耳に届いていないかのように、下着の上から二つの膨らみを手のひらで包み込むようにして揉んでいく。

「コレ、邪魔」

下着をグッと押し上げられると、支えられていた胸がぽろっと零れ落ちた。

頂の飾りは既に硬くなって、ピンと主張していた。
 

『あ…っ…やだっ…』
 

恥ずかしさのあまり、手で顔を覆った。

それでも仁の手は止まることがなく…

やわやわと挟むように揉んで、指の腹で飾りを優しく執拗に撫であげた。

『ああ…んっ…あ…』

仁の愛撫に応えるように、私の身体は熱を持って火照っていく。

『やぁ…そ、そんなに揉まない、で…ああ…』

外だと言うのに思わず甘い声が漏れてしまう。

そんな私を見て満足そうに小さな笑みをこぼした。

「可愛いよ、紬。いつも可愛いけど今日は特別に」

甘く囁きながら、耳元をクチュリと舐めあげた。

『ひゃあっ…ああ…ん』

快感に跳ねる身体。

「そのままその木に手ついて」

『う、うん…』

最初は抵抗していた私も次第に仁のペースに乗せられて…。

「ほら、おしり突き出しな」

言われるがままに目の前の太い木に手をつき、仁に従って腰を突き出してた。

『仁…?』

「いい子だね。そんないやらしい格好して。ご褒美にもっと気持ちよくしてあげる」

仁は浴衣の裾を掴むと、一気に腰まで捲り上げた。

『きゃっ…やっ…』

「浴衣姿ってそそるよなぁ」

下着に指をかけ、ゆっくりと膝まで下ろした。

『あんまり…見ないで…お願い……』

「それは無理。紬の全部が見たい」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55675Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45326Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17155Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る