彼氏の実家へ挨拶に行くことになった。その夜は泊まったんだけど、2つ隣の部屋にご両親がいるのに彼がエッチをしようとして…

・作

お付き合いをしている彼氏の実家に、初めて挨拶に行くことになった。ご両親はとても気さくな方で、その夜はそのまま泊めてもらうことに。彼は2つ隣の部屋で両親が寝ているのに、エッチをしようと誘ってきて…。

「あぁ~、緊張した…」

私は大きくため息をつくと、掛け布団を自分の胸元に引き寄せた。

「こころ、大丈夫だって。うちの両親も、こころのことを気に入っているから」

「そうかなぁ…」

私は今日、お付き合いをはじめて3年が経つ新(あらた)くんのご両親に挨拶に伺った。

もちろん、結婚することを報告するために。

新くんのご両親はとても気さくな人たちで、私は歓迎してもらい、たくさんご馳走になったうえに泊まることになった。

「新くんのお母さんが作ったタケノコご飯、すっごくおいしかったなぁ」

「そうだろう?あれは俺も大好きなんだ」

そう言ってニッコリと笑った新くんの笑顔が、私は大好きだ。

ありきたりな表現だけれど、本当に太陽のように温かで、私は彼のこの笑顔に惚れ込んでいる。

「…新くん」

私は布団に横たわりながら彼に両手を伸ばす。

二組敷かれた布団だったけれど、新くんは掛け布団をよけて、私の布団に倒れこんだ。

強く抱き合って、深いキスをする。

そのまま新くんが照明を消すと、暗い闇に黒い2つの影が浮かび上がる。

私たちは何度も舌を絡めながらキスをしていくうちに、一緒に暮らしているアパートのベッドにいるような気持ちになってくる。

「…今日って、いい日?」

「え、ここでするの?」

「嫌?」

「そうじゃないけど、2つ隣の部屋にお父さんたちがいるんでしょ?」

「バレないようにすればいいよ。…ね?」

「…うん。生理はもう終わったから」

口では抗っていても、生理で一週間もエッチをしていない状況は、正直私も辛かった。

新くんはすぐに私のパジャマを脱がせると、乳首を口に含んで上手に弄ぶ。

「ふぅ…ん」

ただ乳首を弄っているだけなのに、新くんはとにかく何をするにも力加減が絶妙だった。

一週間も彼を受け入れていなかった下半身が疼き、すぐにでも新くんが欲しくなってしまう。

新くんはすでにとろけそうになっているそこを指で押し広げると、優しく舌で愛撫し始めた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27490Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25104Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20125Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19714Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る