えっち中にイッたことのない私に、オナニーを見せるよう指示されて…

・作

綾(あや)は最近仲の良い海斗(かいと)のひとり暮らしの家によく遊びに行っていた。いわゆるセフレではあったが、同じサークルの同期としてよく遊んでいた。そんな綾は、えっちをしていて1度もイッたことがないことを明かす。恥ずかしい要求で意地悪してくる海斗だったが、なぜか普段より気持ち良く感じて…

『今日泊まりに行って良い?』
『うん、もう家いるしいつでもおいで~』

慣れっこになった海斗とのメッセージ。海斗は同じサークルの同期で、2人で飲みに行った夜をきっかけによく家に泊まりに行く、いわゆるセフレのような関係が続いていた。お互い一緒にいて楽で、彼女も彼氏もいない私たちはその楽な関係を楽しんでいた。

「やっほー」
「おう、あがって~」

いつものように2人で動画を見ながら、お酒を飲む。

「そういえば綾、元彼いつまでいたんだっけ?」
「んー、海斗と飲みに行く1ヶ月前とか?」
「割と最近か~」
「そうだね」

他愛もない話をしていると、お互い2缶目のお酒を飲み終わりそうになっていた。

「どんなえっちしてたの、元彼と」
「えっ」

突然話題が方向性を変えて、驚いてお酒をこぼしかける。

「う、うーん…普通…?」
「なにそれ笑」

海斗が服の上から胸を触り始める。首にキスをされて、いつものようにベッドに傾れ込んだ。

「うまかったの?元彼」
「うーん…ほんとに、普通だよ普通、優しかったよ」
「ふーん」
「あ、でも、わたしイッたことないんだよね」

思い出したように言うと、海斗は驚いて目を丸くした。

「確かにいつもイッてないけど、今まで1回もないの?」
「うん、人としててイくことはないなあ」
「じゃあ、ひとりでする時はイけるんだ?」
「え、えと、そういうことじゃなくて、」
「そういうことでしょ」

思いがけずひとりですることを明かしてしまう形になり、恥ずかしさで目を逸らす。

「んぅ…っは、かいと、」
「…見せてよ」
「っ、え?」

胸を舐めながら、海斗が呟く。

「いつもひとりでどうしてるか、見せてよ」

海斗は意地悪そうに笑うと、私の体から離れる。

「…絶対、無理」
「なんで?見せてくれたら俺ももっと気持ち良くしてあげられるかもだし、見せてよ」
「は、恥ずかしすぎるでしょ…」
「恥ずかしい?何回もこういうことしてるのに?」
「っ…」

私の目を覗き込んで、海斗は私の体に指を這わせる。

「お願い、見せて」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33166Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27592Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27584Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23804Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23316Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20140Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14127Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12933Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12610Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る