ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

・作

私とは縁のない人。それほど憧れの先輩の前で酔ってしまった私は、先輩に車で送ってもらうことに。気が付くとそこはラブホテルのベッドの上。「飼いたくなっちゃったんだ」という先輩に責められ、快楽に抗えない私はついに性奴隷になることを懇願してしまう。

私には絶対に縁のない人。
先輩はそれほどに完璧な人だった。

容姿端麗。
仕事も優秀で、社内上層部からの信頼も厚い。
異例の若さでの昇進も時間の問題と言われている。

そんな先輩に、想いを寄せる女子社員。
私もその中のうちの一人だった。

でも私は美人でもなければ、これといって取柄もない普通の女。
奇跡でもなければ、先輩と人生で関わる事などずっとないのだろう。
そう思っていた。

しかし、その奇跡は突然やってくる。
会社の飲み会で、私は酔いつぶれてしまった。

普段なら絶対酔わない量のアルコールにも関わらず、この日は相当に疲労が溜まっていたのだろう。
そんな私を、なんと先輩が送ってくれることになったのだ。

同僚達に介抱され、先輩の車の中に乗り込んだことまでは覚えている…。
だが、そこからの記憶がなく、私は気が付くと見た事ない部屋のベッドの上にいた。

「ここは…?」

あたりを見回すと、そこがラブホテルであることに気付く。
そして、横たわる私を、ソファに座ってワインを飲みながら眺める先輩がいることも。

「気が付いたかい?随分飲み過ぎていたようだね」

先輩が優しく声を発する。
そして立ち上がるなり私に近付き、顔を覗き込む。

「本当に可愛い…。悪いけど我慢出来ないんだ。楽しませてね」

言葉の意味が理解出来ず、動揺する私。
すると次の瞬間、先輩は私にキスをした。
あまりに唐突な出来事に、頭が真っ白になる。
しばらくして唇が離れると、先輩は私の横に腰掛けた。

「あんまり君が可愛いから飼いたくなっちゃったんだ。僕、昔からSM癖があってさ」

そう言うと、先輩は私のスカートの中に手を入れる。
ストッキング越しにショーツに触れられる感覚に思わず身震いしてしまう。

「せ…先輩…!?」
「君のお酒、すこしだけお薬入れさせてもらったの。ごめんね」

そのまま指先で割れ目をなぞられ、快感が押し寄せてくる。

「んっ…!」

必死に堪えようとするも、あまりの刺激の強さに耐えられず漏れてしまう声。
先輩の手の動きが激しくなるにつれ、次第に身体の奥底から熱いものが込み上げてきた。

(だ…だめ…!)
「あぁあああっ!!」

絶頂に達してしまい、ぐったりとする私。
しかし、休む間もなく先輩は再び愛撫を始める。
今度は胸へと手を伸ばした。

ブラウスのボタンを外すと、ブラジャーをずらし直接揉み始める。
敏感になった乳首を摘まれる度に、甘い吐息が出てしまう。
さらに、首筋や脇腹などを舐められ、全身を駆け巡る快楽に意識を失いそうになる。
抵抗しようにも力が入らない。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu72389Views

  2. 女性をイカせるための機械開発

    夏野38234Views

  3. 高熱は媚薬

    月島満37700Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA26897Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛26300Views

  6. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑25615Views

  7. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑24157Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20475Views

  9. 優しいはずの上司にグイグイ迫られた私は、身も心も強引に暴かれる

    夢咲 花笑19910Views

  10. 1年半も彼氏が手を出してくれなくて自分からお誘い!甘く優しく解されてやっと一つになれた夜

    夢咲 花笑17573Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 イキっぱなし 乳首責め 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る