イケメンマッサージ師に開発された私…

・作

仕事の疲れを癒したかった私は、偶然見つけたマッサージ店へ。そこで出会ったイケメンセラピストの施術を受ける内、マッサージとは違った心地よさを感じている自分に気付く。我慢出来なくなった私は、再び訪れた店で自ら続きを懇願してしまう。

ただ疲れを癒したいだけだった。

私は遠方への営業の帰り道、人気の少ない場所にあるマッサージ屋を見つける。
個人営業の店なのだろう。
小さな建物だったが、外観はとてもお洒落であり清潔感に満ちていた。

「疲れたし、やってもらおうかな」

普段あまりマッサージなどは受けないが、この日は疲れがピークに達していたこともありお願いすることにした。
駐車場に車を停め、中に入ると長身の男が出迎える。

「いらっしゃいませ」

男らしい低い声。
そして、男前だった。
きっとモテる人なのだろうな…などと思いながら、受付を済ませていく私。
ひとまず1時間お願いすることにした。

「それでは始めますね」

男の手が私の背中に触れる。
気持ちいい。
疲れた筋肉がほぐされていくのを感じる。

一通り背中を施術した後、その手は私の下半身へ。
足首から少しずつ上の方へと上がってくる。

そしてついに、私の秘部のギリギリまでその手は上がってきた。

「あ…ちょ…」

さすがにそんなギリギリの部分まで触られると思っていなかった私は、反射的に拒否しようとする。
しかし、その言葉を飲み込んで施術を受け続けた。

これはあくまでマッサージなのだから。
と自分に言い聞かせる。

何より…
とにかく、言葉にならないぐらい心地よかった。

「ん…っ」

そしてやがて、その快感がマッサージだけのものではないことに気付く。
直接ではないものの、男の手はところどころで私の秘部に触ってくるのだ。
あくまで、施術中に偶然触れてしまっているかのような動きで。

「あ…んん…はぁはぁ」

声が漏れる。
彼氏はしばらくおらず、夜の営みなどかなりのご無沙汰。
気分が高まっては、自分の指で慰める生活を送っていた私。
そんな私にとって、久しぶりの男の手は信じられないほど気持ちよかった。

(イキそう…)

私は絶頂を迎えそうになっていた。
たまに触れる程度の刺激しかないにも関わらず。

「1時間ですね。ここまでになります」
「え…?」

時計を見ると、確かに施術開始から1時間経過していた。

(早すぎる…)

収まらない。
私は会計を済ませてすぐさま店を出ると、駐車場の車の中で自分の指を這わせる。
つい先ほどまでの感覚を思い出すと、驚くほど簡単に絶頂へと達した。

それからというもの、私は何もするにもあのマッサージ店が忘れられなくなってしまった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55675Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45326Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17155Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る