同窓会で再会した片思いの相手に、ホテルで調教されて…

・作

高校の同窓会で、かつて好きだった圭祐と再会した私。盛り上がるうちに気付けばホテルへ。家庭を持っているはずの圭祐と関係を持ってしまった私は、その中で彼とのSM関係に目覚めてしまう。その快楽に抗うことは出来ず、気づけば自ら深みの中へと足を踏み入れていた。

「もう良いだろ?ここまで来ちゃったんだし」

圭祐はそう言って、強引に私の唇を奪った。

高校の同窓会で10年ぶりに再会した圭祐は、当時よりも男前になっていた。
サッカー部のエースで性格も明るかった圭祐は、学校の中でアイドル的な人気を得ていた。
圭祐に恋心を抱く女子生徒は多く、私もその中の一人だった。

当時は結局その想いを伝えることはなかったが…。
この同窓会で、盛り上がった私たちは皆と別れ、飲みなおす内に気付けばこのホテルに来ていた。

「ちょ…ちょっと、あなた結婚してるんでしょう…?」
「だから何だよ。お前だってここまで付いてきた時点で、もうその気なんだろ?」

そう言うと、圭祐は私のスカートを捲り上げて下着に指を這わせた。

「あ…っ」

思わず声を上げてしまう私。

「ほら見ろよ。キスだけで濡れてるじゃん」

私は恥ずかしさのあまり目を背けた。
圭祐の手はそのまま下着の中に入り込み、直接秘所に触れてきた。

「ひゃうぅ!」
「お前のこと、俺も気に入ってたんだぜ?地味だったけど、可愛いなと思ってた」

そう言いながら、さらに強くクリトリスを刺激する圭祐。

「あああっ!やめ…っ!!」

ビクンッと身体を仰け反らせ反応してしまう私。
そんな私を見て、圭祐はさらに激しく責め立てる。

クチュクチュという音が響き渡り、私の秘部から愛液が流れ出していることを自覚する。

「いやぁっ!!だめぇっ!!!イクゥウウッッーーー!!!」

激しい絶頂を迎えてしまった私は、そのままぐったりと床に座り込んだ。
はぁはぁと荒い息遣いを繰り返す私だったが、圭祐はまだ満足していない様子だった。

「俺、嫁とはレスなんだよね。実はノーマルじゃ興奮しなくてさ…」

圭祐はそう言うと、ベルトを外して私の後ろに回り込んだ。
そして私の腕を後ろに組ませ、ベルトでしっかりと固定する。

「なにを…?やめ…っ」

抵抗しようとするも、アルコールの酔いと先ほどの絶頂の余韻で力が入らない。
私は圭祐にされるがまま腕を拘束されてしまった。

「…Sなんだよね。なかなか付き合ってくれる女がいなくてさ」

ズボンを下ろした圭祐は、そう言いながら自身の肉棒を取り出す。
そして私の頭を優しく抱えるようにして囁いた。

「お前はどう?やっぱりダメか?」

圭祐の手に誘導されるまま、私は目の前のそれに舌を這わせる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55675Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45327Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35634Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30573Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23876Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22982Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22729Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17155Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る