教えて、何もかも…

・作

美雨(みう)は25歳のOL。結婚を前提に交際している忠(ただし)は穏やかな好青年だが、夢中になりきれない自分がいた。そんな美雨に、中学校の同窓会の知らせが届く。大好きだったが片想いで終わった同級生を思い出し、心が熱くなる美雨だったが…。

「そろそろご両親に会わせてほしいなあ」

ワイシャツを着ながら忠は言った。

「そうね…」

髪をとかしながら、私は答える。

「僕の方はいつでも大丈夫だからね」

彼はニッコリ笑って、私の頬に優しくキスをした。

*****

「送ってくれて、ありがとう」

シートベルトを外しながらお礼を言うと、

「待って」

忠は私を抱きしめ、キスをしてきた。

「おやすみ、美雨」

優しく言いながら、ドアを開けてくれた。

私は手を振りながら車を見送り、マンションに入った。
ポストから郵便物を取って、エレベーターに乗る。
部屋に入ると、どっと疲労感が込み上げてきた。

両親、かあ…。

結婚を考えてくれている忠は、早くご両親に挨拶をしたいと言う。
そして、自分の両親にも会ってほしい、と。

私はといえば、恋人がいる、としか母に言っていない。

二年前、入社してすぐのことだ。
隣の部署の野村忠に、デートに誘われた。
温厚な性格で仕事もでき、見た目も爽やかな好青年だ。
誰からも評価の高い忠を、断る理由は見つからなかった。

彼はいつも優しくて、これまで喧嘩したこともない。
結婚したら、きっと穏やかな家庭が築けるに違いない。

でも、何かが足りない気がする…。
それが何なのか、私にはわからない。

テーブルに置いた郵便物を見ていくと、実家からのものがあった。
少し大きめの封筒を開けると、いつもの優しい母の手書きメッセージと、往復葉書が入っていた。

中学校の同窓会のお知らせ。

心がざわめいた。

三年生のとき、大好きな人がいた。
寝ても覚めても、彼のことばかり考えていた。
目をつぶると、今でもその笑顔が思い出せる。

藤本優樹(ゆうき)くん。

私たちはとても仲がよかった。
でも、私に告白する勇気はなかった。
苦しくて切ない片想いだった。

彼は、県外の進学校へ。
私は、私立の女子高へ。
それっきり、会うこともなかった。
でもそれから何年もの間、彼を忘れたことはなかった。

久しぶりに、心の奥がキュンとなった。

彼は、来るだろうか…。

はやる気持ちでボールペンを取り、『出席』に丸をつけた。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64318Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42413Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛30007Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28395Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27868Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27270Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22967Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20490Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19943Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18578Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る