私の帰り着いた場所

・作

蒼太(そうた)と繭(まゆ)は、激しく愛し合う恋人同士だった。その愛情深さゆえ、蒼太の執着や束縛は人一倍で、時折喧嘩もあった。あるとき限界に達した繭は家を飛び出してしまった。新たに恋人もでき、穏やかな生活を送っていた繭だったが…。

今夜のデートは、洒落たレストランでディナーらしい。
普段仕事が忙しい隆夫さんが、今日は定時で上がれるから、と予約をしてくれたのだ。

飾り立てるのは苦手な私だが、今日は少しだけメイクにも気合いが入る。
あとは口紅だけ、というとき、携帯が鳴った。

予定が変更になったのかな?

着信を見ると、隆夫さんではなかった。

「…蒼太…」

一年前に別れた彼だった。

ためらったが、思いきって出てみた。

「…もしもし…?」

「もしもし、繭…?」

電話の向こうから、懐かしい声がする。
ほんの少し、胸の奥がキュンとした。

「…蒼太、久しぶり…」

「繭、元気そうだね、声が聞けて嬉しいよ」

私たちは3分ほど会話をした。
彼は異動先が遠く、今のマンションを引き払うことにしたと言う。
置いてきたままの私の荷物で、必要なものがあれば送るから、時間があるときに見にきてほしい、ということだった。

隆夫さんとの待ち合わせは7時。
まだ4時すぎで時間がだいぶあるから、これから行くことにした。

仕上げのルージュを引く指が、なぜか少し震えていた…。

*****

この駅に降りたのは一年ぶりだ。
部屋を飛び出して以来、一度も来たことはなかった。

あの激しい雨の夜、傘も持たずに飛び出した私。

辛い記憶がよみがえる。

バイト仲間たちと飲み会があった。
その最中に突然激しい雨が降りだし、飲み会はお開きになった。

自転車で帰るのは危ない、と先輩が私を車で送ってくれることになった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu64142Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満42361Views

  3. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛29967Views

  4. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ28239Views

  5. 聖女様のお仕事

    AYA27799Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑27256Views

  7. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA22943Views

  8. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野20457Views

  9. 女性をイカせるための機械開発

    夏野19918Views

  10. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑18536Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る