桜の木の下で声を抑えてイっちゃいました。

・作

美来(みく)は彼氏の拓海と念願のお花見デートができ喜んでいた。二人がお花見を満喫していると、予想外の展開が!同じようにお花見デートのカップルかと思いきや突然エッチなことが始まった。目のやり場に困っていた美来と拓海。気がつくと興奮しきった拓海に誘われ、言われるがままエッチしてしまう。

「まだちょっと寒いな」

「うん、でも一緒に来たかったから!」

美来は恋人とお弁当を持って花見というのに憧れていた。

多少寒くても夢が叶った嬉しさの方が勝っている。

「コレも作ったの?すごいうまいよ」

「うん、口に合ってよかった」

拓海の食べた唐揚げは色んなレシピサイトを見まくって、何度も練習した。

「寒いけどビールに合う」

たくさん食べてくれて嬉しい。

ニコニコしながら拓海を見てしまう。

「俺ばっか見てないで桜、見たら?」

見つめていたのに気づかれていた。

一瞬照れたけど、

「拓海がイケメンだから」

と笑って返した。

そんな風にしばらく食事を楽しんでいると、いつの間にかカップルが近くのベンチに座っていた。

私たちはベンチから少し離れた桜の木の下にシートを広げていた。

木の陰になっていたのか、向こうはこちらに気づいていない様子。

かすかに話し声が聞こえた。

『ね、本当にするの?』

『せっかく誰もいないんだからいいだろ』

『えー寒いよ。もし誰か来たらどうするの?』

『寒いからどうせ誰も来ないよ』

大きな公園なので通りから見えることもなく、まだ寒いこの時期の夜は滅多に人も通らない。

『ほら、もっと近づけ』

カップルの男性は女性をグッと近づけて、キスをした。

外だというのに随分濃厚なキスをしている。

「美来、そっちから見えるの?」

小声で拓海が聞いてきた。

「見えないよ」

慌てて答えたが、

「ずっと見てるから覗いてるのかと思った」

ニヤニヤと拓海が見てくる。

『ん、んあぁ』

女性の声が甘くなってきた。

カップルの男性はいつの間にか女性の胸に顔を埋めていた。

どうやら盛り上がっている様子。

とても気まずいがこのまま続けられても困る。

「どうする?止める?」

小声で拓海に聞いてみると、

「いや、無理でしょ」

「帰る?」

「それも気まずいな」

私たちは何となく気まずさから沈黙してしまった。

『やべ、すごい吸い付き。すぐ出そう』

誰もいない公園、男性の声が響いた。

人のエッチなシーンに出くわすなど初めてでどうしていいかわからない。

握ったレモンサワーをじっと見つめていると、拓海が隣に座り顔を近づけてきた。

「なんか、俺もしたくなっちゃった」

「!!!」

驚いて大きな声を出しそうになった瞬間、拓海にキスで口を塞がれた。

へへへ、といたずらっ子のように笑いながら身体を引き寄せられる。

公開日:

感想・レビュー

1件のレビュー

桜の木の下で声を抑えてイっちゃいました。のレビュー一覧

  • 良かった

    読んでいて
    手に取る様に
    絵が想像することができ
    良い作品でした

    クリ子 さん 2022年4月15日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66166Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40186Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28307Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28153Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27847Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25640Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22191Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20999Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18551Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18101Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る