逆ナンした純朴そうな男の子が、実は巨根で絶倫で…

・作

行きつけの居酒屋で、一回り歳下のアルバイト店員・友士に声を掛けた恵理。少し酔った勢いで逆ナンをしてみれば彼は素直にのってきて、気付けば二人はラブホテルへ。友士のことを童貞かもと思っていた恵理だったが、ベッドへ入れば彼の雰囲気は雄の獣のように一変して…

「ねぇ、何歳?」
「俺? 21歳です!」
「若いなぁ…一回り違うとか、ヤバ…」

仕事終わりによく立ち寄る居酒屋で、新しく入ったアルバイトの男の子に声を掛けてみた。私はいつも、カウンターで一人飲み。今日は残業後だったのもあって、ラストオーダーは既に過ぎている時間だ。

「お姉さん、いつも一人で来るの? 今日だけ?」
「一人だよ。この店はね、一人で飲むとき用。友達や会社の人とは別のお店に行くの」
「彼氏とは?」
「そりゃ彼氏とだったら居酒屋じゃなくて、個室でイタリアンとかモダンな懐石料理がいいなぁ」

ま、彼氏がいればの話だけどね!と豪快に笑い飛ばして、私はビールの中ジョッキを傾けた。ワイン、日本酒、焼酎、泡盛、ウイスキー。色々飲み比べてみたりもしたが、今は一周まわってビールに落ち着いているところがある。

「てかさ、筋肉すごくない? 部活、何やってたの?」
「帰宅部」
「うっそー!」
「ほんと、ほんと」

これ、コイツの鉄板ネタだからさぁ、と横から店長が参戦してくる。お金を貯めるべく、暇な時間はアルバイトか筋トレしてたらこうなった。そう言ってニカッと爽やかに笑う彼が可愛くて、私の母性本能が刺激される。

「名前、教えて?」
「ユウジ。友達の”友”に、武士の”士”」
「友士くんね。私はエリ。恵に、理科の”理”だよ」

明るくて素直。地元がどことか知らないけれど、純朴そうで良い子というのが友士くんの印象だった。身長は180cmくらい、逞しくて肩幅もあって顔も割と厳つい。けれど怖い雰囲気にならないのはきっと、底抜けの人懐っこさがプラスに働いているからだと思う。

「友士くんはさ、彼女とかいるの?」
「いないよ」
「ところで、ワンナイトは有り派? 無し派?」
「恵理さん酔ってる? まぁ、俺は有り派なんだけどね」

歳下の、それも12歳も離れた男の子なんてストライクゾーンからは外れていたはずなのに。気付けば私はお酒の勢いも手伝って、逆ナンみたいなことを口走っていた。

「別に恋人が欲しいわけじゃないし、結婚願望はゼロな女なんだけど。友士くん、なんかいいなぁとか、思っちゃったわけよ」
「俺、歳上好きだから…本気にしちゃうよ、大丈夫?」

どうせお酒の席、どうせリップサービス。店長も面白がるばかりで止めないどころか、野次を飛ばしてくる始末。他のお客さんは疎(まば)らな店内、誰も私たちの会話など気にしていなかった。

「お店あがるまで待っちゃおうかな。この通りの角の、ファミレスに居るよ」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55673Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45319Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35627Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23869Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22976Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17149Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る