同窓会で再会した元カレと、一晩だけの思い出のつもりだったのに

・作

中学の同窓会に参加した柚香は、そこで再会を果たした元カレ・将真と、気付けばラブホテルの部屋にいた。柚香は既婚であるものの、夫は1年ほど前から不倫中。失意と寂しさが募る日々の最中で再会した将真は、昔と変わらず優しく、そして柚香に対して何度も「可愛い」と言ってくれて…

「シャワー、浴びてくるね…」

こんなにもトントン拍子に進むなんて。柚香は緊張で早鐘を打つ胸を抑えながら、静かに服を脱いでいく。一瞬、頭の隅に夫の顔がよぎったものの、小さく唇を噛んでやり過ごした。

「おいで…柚香」

ここはラブホテルの一室。シャワーを終えた柚香を迎えた男性は彼女の夫ではなく、元カレである将真だった。今日は中学の同窓会があり、二人は約20年ぶりに再会。旧友たちの輪から離れて話し込むうちに、付き合っていた当時のことを思い出し…気付けば、自然のような成り行きでホテルまで足を運んでいた。

「今夜だけ、ね…」
「あぁ、わかってるよ」

中学時代はプラトニックな関係で、手を繋いで下校したり、人目につかない場所でこっそりキスをしたりしていた程度の二人。そのキスだって、単に唇と唇を合わせるだけの実に幼いものだった。しかし今はお互い30代半ばとなり、充分に成熟した男女。

「ン…ぁッ…」
「柚香、可愛い…」

頬を撫でられ、慈しむような声音で囁かれれば、柚香の心は将真に惹かれて蕩(とろ)けていった。セックスレスの夫の口からは、可愛いなどと言う台詞などもう何年も聞いていない。加えて、出張と称して不在がちな夫が本当は不倫をしていることを、柚香は1年近く前から気付いていた。

「キス、気持ちいいね」
「夫とするのと、全然違うの…将真、もっと、して」
「こらこら…そんなこと言ったら、駄目だよ」

そう言いつつも再び重ねられた唇に吸い付いて、柚香は夢見心地で目尻を垂らしていた。人妻でありながら、夫以外の男性に素肌を晒す背徳感。不倫中の夫に張り合うような、夫への当てつけのような。私だって我慢してばかりじゃない、女としての魅力も存分にあるのだから。そんな想いを募らせた柚香は、いつもよりずっと大胆になっていた。

「あぁッ…ッン…」
「もっと声が聞きたい」

将真の指が柚香の耳から首すじ、そして鎖骨をそっとなぞって胸元へ。その頂でぷくりと膨れた実りを転がせば、柚香の喉は甘える猫のごとく媚びた声をあげた。柚香から漲(みなぎ)るエロスを拾い集めるように、将真は彼女の全身へ、くまなく愛撫を施していく。

「柚香、こっち向いて? うん、そう…」
「ぁ、あッ…将真ぁ…」
「一緒にしよう?」

頭と脚が互い違いになるように姿勢を整えた二人は、どちらからともなく、目の前に差し出された熱に舌を這わせ始めた。将真の上で俯せになりながら、柚香は勃起した肉棒を口に含んでうっとりとする。開いた脚の真ん中で濡れそぼる蜜壷は、将真からのクンニで更に愛液を溢れさせていた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 何を考えているかわからないと思っていた先輩の心の声は甘々でした

    夢咲 花笑38977Views

  2. 年上の男性に翻弄される夜

    十月夏葵38207Views

  3. 憧れのお隣さんにハレンチな副業がバレてしまいました。

    井ノ中かわず29666Views

  4. 彼氏と同じ顔した双子の弟に寝取られます

    十月夏葵24341Views

  5. 女子3人でパジャマパーティーして、配達員くんを美味しくいただいちゃった話

    まゆり24030Views

  6. エッチな小説を書いているのが上司にバレて、夜のオフィスでお仕置きされちゃった話

    まゆり21957Views

  7. 家政婦の面接に行ったら情婦の面接だった。

    かぁゆ21523Views

  8. ここから先は勤務時間外です

    十月夏葵19914Views

  9. 月見をしていたはずなのにベランダでイジワルに責められちゃった夜

    夢咲 花笑18468Views

  10. ひとりエッチのオカズは片思いのあの人

    朝姫18374Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX 愛撫 クリ責め キス ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ 乳首 イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 胸きゅん 彼氏 フェラ 年下クン 好きな人 年上の男性 ちょっと過激に スリル 挿入なし 中出し OL

すべてのタグを見る