お義兄様に夜のお作法を教えて貰っちゃいました

・作

小さい頃からお義兄様に憧れていたサーシャ。適齢期を迎えて、結婚する前の想い出に『夜のお作法』を教えてもらえるようにお義兄様におねだりしたら…。憧れのお義兄様にたっぷり愛された、サーシャの初めての夜をどうぞ。

初めて会ったのは、庭のミモザが綺麗に咲く頃。
美しい銀髪に碧い瞳。
お父様の再婚で初めて会ったユリウス様は、私にとって理想の「王子様」だった。

幼いころの憧れは、いつしか恋に変わって。
私はただ、彼の背中を追いかけ、秘かな想いをひとり温めていた。

穏やかな物腰に優しい微笑み、少しだけ低い声。
「私だけを見て欲しい」と何度想ったことだろう。

言い出せず、踏み出せず、時だけが流れて。
ユリウス様は今日も、優しく微笑んでくれる。
私の「お義兄様」として。

「サーシャ?良いかな?」
ノックの音に気が付いて扉に目を向けるとお義兄様の声がした。

「庭の薔薇が綺麗だったから、サーシャにって」
微笑みながら薔薇を抱えているお義兄様は、花が霞むくらい美しい。

「…ありがとうございます」
言葉が出てこない。
恥ずかしくて、耳が赤くなるのを感じる。

「サーシャは、想いを寄せている方が?」
「いえ、あの…」

さっき食事中にお父様が口にした「適齢期」という言葉を聞いて、青ざめて中座してしまった。
恐れていた時がついに来たことを知る。

「いないの?」
「いない、と言うか…」

綺麗な瞳が、私だけをじっと見つめている。

「あの、お義兄様…」
一生私のモノにならないなら、せめて想い出だけでも。

「『夜のお作法』を、教えていただけませんか?」

結婚前に経験をすることは褒められたことではない。
けれども、嫁ぎ先を選べない私にとって、お作法を学び初めての夜で気に入られることはとても大事な仕事のひとつだ。
そのために、使用人から手ほどきを受ける子も多いと聞く。

嫁ぎ先が選べないならせめて、初めて触れるのはお義兄様が良い。

*****

「サーシャ、ほら、ちゃんと舌を使って」
お義兄様のモノは大きすぎて、口に全部入らなかった。

「…そう、上手だね」
優しい声に胸がドキドキする。

「あぁ良いよ。続けて」
隅々まで丁寧に舐める。
時折ビクンとお義兄様のモノが怒張を増す。

「気持ち良いですか?」
と聞くと、優しく頭を撫でてくれた。

「サーシャ、ありがとうね」
「あの、まだ最後まで…」
「今度は交代」
「えっ?」
「『夜のお作法』でしょ?してあげるだけじゃなく、してもらうことも学ばないとね」

そう言うとお義兄様は、私をベッドの上に寝かせた。
引き締まった体に、優しい重み。
お義兄様の背中越しに見る天井は、いつもより高く見えた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66156Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40178Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28302Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28148Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22168Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20987Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18042Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る