疲れた時には、年下の犬系男子が愛でたくなる

・作

雨の日に出会った、出張ホストの理人(りと)とデザイナーの祥(さち)。元整体師の理人にオイルマッサージをされて…。身も心もほぐしてくれる素敵なセラピストと出会いたい、お疲れモードのお姉様たちに贈ります。

スーパーを出たら、言葉を失うくらい酷い雨が降っていた。
大きな買い物袋を両手に持って、傘を首でおさえて。

「…5分くらいだし、頑張ろう!」
そう自分に言い聞かせて足を踏み出したものの。
1分歩いてスグに後悔した。

傘の意味がない位ずぶ濡れ。
(帰ったら、シャワーを浴びないとなぁ。)

そう思いながら歩いていると。
突然後ろから声を掛けられた。

「…おねーさん!おねーさん!それじゃ傘持てないでしょ?1つ貸して」
振り向くと、大きな黒い傘をさした男の子が立っていた。

「えっ?」
「ほら、良いから。風邪ひいちゃうよ!」
「でも…」
「こんな雨の中歩くってことは近いんでしょ?送るよ」
戸惑いつつも背に腹は代えられない。

「じゃぁ…」
ビニール袋を差し出すと、彼は受け取って歩き出した。

「何処に行けばいい?」
「あっ、あのレンガのマンションなの」
「OK!急ごう」

エントランスに着くと、彼も私もビッショリ。

「ありがとうね。助かったわ」
「おねーさん雨なのに凄いガッツだよねぇ」
「忙しいから1週間分買いだめしてるのよ」
「あっそうなんだ。俺てっきり子持ちのママさんかと」
ナンパとかじゃなく、本当に親切で荷物を持ってくれたらしい。

(本当に良い人なんだなぁ…。)
男の子をまじまじと見る。
黒縁の眼鏡に、アッシュグレイの綺麗な髪。
整った顔立ちに思わずドキッとした。

「確かにこの量は、独身には見えないけど」
「ごめんごめん。後ろ姿だったし顔が見えなくてさ」
「それにしても濡れちゃったね…雨が落ち着くまでお茶飲んでく?」
「良いの?」
「うん。荷物持ってくれたお礼にね」

自分でも驚くほどスムーズに、私は彼を部屋に受け入れた。

(私のせいで濡れちゃったのに、このまま帰すのは悪いよね。)
と、心の中で言い訳しながら。

「お邪魔しま…あぁ靴下までビッショリだぁ」
「あっ洗濯しちゃう?乾燥機あるし。ついでにシャワー浴びたら?」
「えっ、良いの?」
「うん。大きめのTシャツあったかな…ちょっと探してくる」
「助かる!ありがと!」

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 年上の男性に翻弄される夜

    十月夏葵44512Views

  2. 何を考えているかわからないと思っていた先輩の心の声は甘々でした

    夢咲 花笑35487Views

  3. 憧れのお隣さんにハレンチな副業がバレてしまいました。

    井ノ中かわず28475Views

  4. 女子3人でパジャマパーティーして、配達員くんを美味しくいただいちゃった話

    まゆり26145Views

  5. 家政婦の面接に行ったら情婦の面接だった。

    かぁゆ25888Views

  6. エッチな小説を書いているのが上司にバレて、夜のオフィスでお仕置きされちゃった話

    まゆり24767Views

  7. 月見をしていたはずなのにベランダでイジワルに責められちゃった夜

    夢咲 花笑22512Views

  8. 彼氏と同じ顔した双子の弟に寝取られます

    十月夏葵21986Views

  9. ひとりエッチのオカズは片思いのあの人

    朝姫17717Views

  10. 会社では頼れる先輩、でもその本当の顔は…?

    りんご16225Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX 愛撫 クリ責め キス ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 指挿れ 乳首 イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き いじわる 言葉責め 胸きゅん 彼氏 フェラ 年下クン 好きな人 年上の男性 ちょっと過激に スリル 挿入なし 中出し OL

すべてのタグを見る