絶倫ホストはNo.1~本カノ千里との淫らな夜~

・作

No.1ホストの匠と同棲している千里。千里は、「好き」って言ってくれない匠を信じられなくて…。毎日不安な日々を過ごして揺れる千里に、毎晩のように沢山の愛を注いでいる匠。2人の糖分高めで淫らな夜をどうぞ。

本当は言葉が欲しい。
「好きだよ」って言って欲しい。
でも、嘘をつかれるのは嫌なんだよね。
だから言わない、求めない。

約束のない関係は優しくて残酷だ。
先の見えない不安は私を随分大人にしてくれたと思う。

「いってらっしゃい❤」
今日も言葉の代わりにギュッてする。
(このまま匠君が折れちゃったら、ずっと一緒にいてくれるかな)
なんて馬鹿みたいなこと考えながら。

2人で選んだお家も、2人のためのベッドも。
私の心を満たしてはくれなかった。

夕食の買い物をしに外に出た。
夜風が少し冷たい。

新宿の街を歩いていると、音楽を流すトラックが通った。
引き延ばされて何倍にもなった大きな匠君と目が合う。
「不動のNo.1」「売上1億円over」
そんなキャッチコピーが目に留まる。

匠君は言わないし、私も聞かない。
でも、一緒に暮らし始めてから、1度もNo.1を譲ったことが無いのをトラックのお陰で知っている。

信号待ちで停まったトラックに、女の子達がスマホを向けた。
「やっぱり匠はイケメンだよねぇ。写真と実物のギャップに萌える」
「そうそう♪この間なんてさぁ…」

イヤホンを付けて顔を背け歩き出す。
あの子たちは、彼のことを何処まで知ってるんだろう。
華奢で、可愛くて、若い。

出会った時の匠君は新人で、一生懸命でほっとけなくて。
初めてのイベントでタワーをした時には、お礼に手紙を書いてくれたっけ。
宣材写真で着る服を一緒に買いに行ったり、2人で他店のナンバーを研究したり。

「新人戦優勝」「グループ史上最速幹部」
いつしか私は店から足が遠のき、イベントや締め日に行くだけになった。
増えていく肩書を支えた姫達が眩しかったから。

「お金は要らないから。千里にも一緒に居て欲しいんだ」
一緒に住み始めてから私は一度もお店の支払いをしていないけど。
匠君の言葉を信じ切れずに、私が使ったはずの金額を貯金している。
いつ「ツケ払ってよ」って言われるか分からないなって思うから。

*****

「千里、ただいま」
匠君の声で目を覚ました。
リビングでテレビを見ていた筈なのに、いつのまにかウトウトしてしまったらしい。

「ん…何時?」
「2時過ぎかなぁ。千里から返信なかったから、早く帰って来たんだよ」
「ごめんね、寝ちゃってたみたい。お疲れ様でした」

匠君から、良い匂いがする。
彼はいつも帰宅すると、シャワーを浴びるまで私に近付かない。
そういう配慮も含めてNo.1なんだろうけど。

「千里?…ちぃちゃん?ほらおいで」
「はぁい」

匠君が寝室でだけ私のことをちぃちゃんって呼ぶのは、誰にも言わない2人だけの秘密。
ちぃちゃんって呼ばれると、匠君が私だけのモノになる気がして嬉しいのは、私だけの秘密。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66093Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40171Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28291Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28130Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27833Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25628Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22116Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20971Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18536Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ17999Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る