在宅でもオフィスでも、主任とのえっちがやめられない

・作

アラサー独身OLの釼持華世は、同じ課の主任である眞鍋利人と性的関係をもっていた。在宅勤務中に眞鍋から誘われ、通話アプリで自慰を見せることに。そして、夜のオフィスで二人きりになった日。お互い我慢できずに触れ合えば、そこからはもう熱と欲にまみれた展開で…

「ンッ、はぁ…」

平日の午後3時。在宅勤務中の私は、一人暮らしのワンルームで熱っぽい吐息を漏らしていた。上半身はシースルーのベビードール、そして下半身は一糸まとわぬ状態で。握りしめたディルドを動かしながら、私は画面の向こうへと視線を投げかけた。

「もっと、脚開いて」
「しゅ…主任…」

テレワーク会議でも用いるビデオ通話アプリを使い、テレフォンセックスまがいの行為であられもない姿を晒している。相手は同じ課の主任である、眞鍋利人さん。グループ会議では録音・録画されている通話内容も、個人間のやりとりではログイン記録だけしか残らない。

「気持ちいい?」
「…はい、気持ちいぃ…です」

眞鍋主任とこのような関係になったのは、3ヶ月ほど前のこと。新しく立ち上がったプロジェクトのうち、一部の業務を私と眞鍋さんの2人で取り組むことになったのがきっかけだった。必然的に2人での会話は増え、2人きりでの行動も増え…気付けば、肉体的にも親密な関係になってしまっていた。

「まだイッちゃ駄目だよ。おっぱいも、いじって?」

眞鍋さんは私より8つ歳上の34歳。既婚者が比較的多い社内でもいまだに独身で、浮いた噂も特にこれといってなかった。関係を持ち掛けられたときは少し動揺したが、はっきりと『恋愛ではなく、セックスが目的の関係』と明示されたことが、逆に私の背中を押したとも言える。社内恋愛は絶対にしたくない、というのが私の信条だったからだ。

「ぁ…ぁッ…」

私が乳首をこねだすと、パソコンの画面には眞鍋さんの陰茎が大写しになった。血管の浮き出た、立派な赤黒い肉棒。それに貫かれる快感を知ってしまった私の体は、じんと痺れて愛液を溢れさせた。

「全部、よく見えるように…もう少しだけ、後ろに下がれる?」
「…はい」
「うん、いい感じ。その太いディルドでオナニーするとこ、たっぷり見せてよ」

モニターを置いた机から適度に距離をとり、椅子の上でM字に大きく開脚する。カメラの前で性器を丸出しにして、自慰を見られることへの興奮。さらに抜き差しする仕草が激しくなれば、じゅぷじゅぷとイヤラシイ音も室内にこだまして。真昼間からオナニー、それも業務時間内に職場の人とだなんて、あまりに背徳的すぎる。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな60102Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉42204Views

  3. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも36996Views

  4. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵34840Views

  5. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな25786Views

  6. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23918Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ21796Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな18826Views

  9. 酔っ払い客の対応練習!?スタッフルームで憧れの先輩からの秘密の指導

    天音澪莉17463Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん16583Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る