幼馴染と再会し、ホテルでセックス!雪の降る夜の切ないワンナイトラブでした。

・作

雪の降る、都会のスクランブル交差点。整形を繰り返していた私は、幼馴染とばったり再会し、そのままホテルへ。丁寧に愛撫され、身も心もとろけちゃう。昔のようにセックスし、忘れられない夜に。ずっと一緒にいたいけど、彼の左手の薬指には指輪が―。

「ちょっと、お茶どうですか?」

もう聞き飽きた、ありきたりな台詞。
本当にお茶だけで済む場合もあったし、お茶の後にホテルに行ったこともあった。
何十回目かのナンパ。

「お姉さん、綺麗ですね。お時間ちょっといいですか?」

何度繰り返したか自分でももう分からなくなっている、美容整形。
美しさには限りがない。
何回繰り返しても、もっと美しくなりたいと思ってしまう、心の闇。

「おい。お前れいなだろ?」

肩をつかまれ、振り向く。
懐かしい、幼馴染の顔。切開して大きくなった目を見開く。
まさか、東京で会うなんて思わなかった。
それもこんなに顔を変えてしまって、マスクまでしているのに気付かれるなんて。

「れいな、会いたかった」

そう言って、スクランブル交差点の真ん中で抱きしめられた。
雪の降る、寒い日だった。

*****

「んっ…」

初めてのキスは幼馴染とだった。
セミの鳴き声が降り注ぐ、暑い夏の日。
エアコンなんてなくて扇風機の音がする、気温が上がった彼の部屋の中。
懐かしい感覚。ぼーっとする。

「れいな、ほんと綺麗になったな」

頬をなでられ、髪の毛に触れられる。
彼の顔をじっと見る。
顔は少し丸みを帯びてたるんでいるし、シワも目立ち始めている。
髪にも白いのが混ざり始めているのを発見する。時の流れを実感する。

「結婚してる?」
「あ、ああ。これね」

彼の左手の薬指に光るシルバーの指輪。
聞くまでもない、既婚者の証。

「お前は?」
「私はまだ…」

一度結婚したが、うまくいかなかった。
そういえば元旦那ともナンパされて知り合ったな、なんて思い出す。

「れいな今日、大丈夫?」
「あ、うん」

男と女が部屋の中で二人きりになって、話をするだけなんてわけがない。
そのまま、ベッドに押し倒されて、唇を再び奪われる。
舌が入ってきて、応える。久しぶりの感覚に少し涙ぐむ。

「ほんと、綺麗だよ」

何度も頭を撫でながら、優しく口づけてくれる。
昔から優しかった。丁寧にセックスする人だった。
愛されていると分からせてくれる人。

左手の薬指が気になった。でも、気にしないことにした。
彼の愛撫にただ、身を任せた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu66140Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満40174Views

  3. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA28297Views

  4. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛28138Views

  5. 女性をイカせるための機械開発

    夏野27846Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25638Views

  7. 聖女様のお仕事

    AYA22151Views

  8. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑20977Views

  9. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野18539Views

  10. 10歳年下の少年野球のコーチに迫られ、久しぶりの快感に震えるシングルマザー

    ウスノワメビ18030Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし 好きな人 ちょっと過激に スリル 中出し OL

すべてのタグを見る