色恋沙汰はご法度

・作

表向きはイケメン敏腕マネージャーの榊 渉(さかきわたる)。裏の顔は榊に関わった者だけが知る。その裏の顔に惹かれる、バラドルの梨子。高身長で、威圧的、笑わない榊との恋愛。梨子のこの想いどうなる?

「っんっ…!」

「声、我慢出来ねえなら、俺の腕噛んどけ」

楽屋の中。俺の下で小さい身体がさらに縮こまり、つま先立ちで男を受け入れる。

「ふっぁぁ……っんん!さ、さかきさっ…!」

「だいぶ俺の形に馴染んだな?嬉しいか?」

声を我慢しても、二人を繋ぐ欲望の音は止むことはない。

ドアで身体を支える腕は、激しさを物語るようにプルプルと震え、尻を突き出す格好で上下に頭を振る。

「き、キス…」

「ダメだ。…言ったろ?これは仕置きだ」

グッー、と下から尻を持ち上げる勢いで梨子を突く。ギュンと締め付ける穴、俺の回した腕を掴む。

「何だ?まだ物足りねぇか?」

コクコクと素直に俺だけに反応する梨子は悪かない、だが。他の男にも同じは許さねえ、何度言ったら分かる。

グリッと痛いくらい勃つ乳首を摘んでやれば、全身に鳥肌をたて、もっともっととねだるように腰を振る。

「あ、っや…」

「…時間だ」

ジュル…名残惜しそうなのは梨子だけじゃない。煽るだけ煽られ、イケぬまま中途半端に男根を抜かれた中心。

コンコン…

「あ、こんにちは。今日もよろしくお願い致します」

いつものように取って付けた笑顔で言葉を交わす。俺を見上げる、時間ピッタリに現れたメイク担当も頬を染める。

その背中越し、俺を恨めしげに見つめる梨子。脚はモジモジ擦り合わせるように動いている。せいぜい燻ってりゃいい。

「それでは梨子さん。今日も"油断"せずに頑張ってください」

キュッと唇を噛み俺を見送る梨子は悪かねぇ…

なあ、梨子。俺もお前と同じ気持ちだとわかってるか?俺たちに信頼がなくなれば終わりも見えるって、本当にわかってるか。

*****

「ははは!今日も梨子ちゃん鼻水〜!」

「おえっ、ダメですって!これはダメ!流石にダメ!食べられないっ!」

「オレがかわりに!いやオレだ!んじゃ…って!そこ!梨子ちゃん言うとこ〜!」

「はははー!梨子ちゃーんそれはないよ〜!」

「うぅ…無理無理…あ、マヨネーズもらえます?」

と、結局全て口に放り入れ食べ終えた顔は、涙と鼻水でぐちゃぐちゃだった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. ご主人様の言う通り…高額アルバイトの真実

    天音澪莉33147Views

  2. 友達にはバレたらいけない夜の出来事

    勝田27590Views

  3. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉27573Views

  4. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵23786Views

  5. なんで可愛い後輩君のペニスがこんなに巨根なの!?

    木沢23290Views

  6. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな20135Views

  7. きっかけは花粉症?!意中の彼と両想いラブラブエッチ

    青海なぎ14112Views

  8. 子犬系男子が残業続きで臭ってきたから、シャワーを貸してあげたら、懐いちゃった話

    八代もも13863Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも12927Views

  10. 配達のお兄さんとのとろけそうな時間。

    猫猫にゃん12607Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL ちょっと過激に スリル 挿入なし

すべてのタグを見る