身勝手な束縛

・作

社内恋愛禁止ならしない方がいい。まして、取っかえ引っかえ別れてはすぐ新しい女を作り、さらにそれを見せつけてくる男なんて。そんな歯がゆさを紛らわせてくれるのは会社の後輩、城之内だけ。みほ本人は気付かない、後輩の想いを気付き邪魔をするのは…誰?

「毎度のことだからいいんだけどさー」

ぷはぁ〜と色気もそっちのけでこうやって、恋愛の愚痴を会社の人で言える子は、後輩の城之内くんだけ。

「城くんだけだよ〜愚痴、言えるのは。何でだろ〜ね!?」

「…鈍感が」

「ん?何か言った〜?」

「ハイハイ、ナニモイッテオリマセン」

「ムッ、ならいいんだけどー」

社内恋愛禁止なこの職場で、雅貴との密会を見られてから始まった、週一の愚痴大会。って言っても私の愚痴を聞いてもらうばかりなんだけど。

社内1、2を争うくらいのモテ男の雅貴との付き合いは一筋縄ではいかず、3週間に1度のペースで浮気に悩んでいて、最近ついに別れることになった。

「…そろそろ限界。ですよ、みほさん?」

「…すぅ…」

「って。やっぱり寝てしまったか」

*****

「またやってしまった…いつもの事とはいえ…」

どんなにバーで酔いつぶれても、翌朝は必ず自分のベッドに寝ている。

城之内くんには本当に感謝していて、ダメな所もちゃんと指摘してくれるから、週明けまでには必ず頑張ろうと思わせてくれる。

「でも…城くんだと何でこんなに自分をさらけ出せるんだろう」

ボーッとする頭で考えても答えは出ず、再び眠りの世界へ。

そんなみほに、城之内の気持ちを知る由もない。

城之内が、みほの瞳を隠す前髪に触れ、優しい眼差しを向けてることに。理性を総動員して耐えていることに。

ったく…

*****

翌日

(雅貴…)

私の視線に気付いた雅貴はほくそ笑み、雅貴と隣にいるストレートな艶髪が印象的な彼女は、まるで私など眼中にないほどスマートに目の前を通り過ぎる。

軽く見つめあった二人に、もう私が入り込む隙などなくて、そして雅貴は言う。

「なぁ、みほ、お前誰でもイイわけ?」

「え」

雅貴がもう何を言っても責める気などなかった、たとえそれが理不尽な言い訳でも。
でもあとに続く言葉は、自分で自分を殴りたいほどに打ちのめされた。

「城之内と会ってるらしいけどさ、あいつ女いるし…」

「…女?」

まだ何か言葉が続いてた気もするけど、それ以上、私の耳には何も入ってこなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39278Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25097Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19707Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る