淫靡な村の掟

・作

季節の変わり目に、村の安寧を司る神様へ祈りの舞を捧げる舞夫(まいふ)と呼ばれる男がいた。その男を旦那に持つ志乃は、年に4回訪れる舞夫の発情期間である1ヶ月間、ひたすら抱かれ続けなければならなかった。

「あっ…ぁあ!旦那様ぁ…ぁあんっ」

今宵も寝所からは、息を乱した甘い喘ぎ声が響き渡る。

「もう、許して…ください…志乃は、壊れてしまいます…」

「何を言っている…まだ、始まって一週間そこらではないか。それに、お前の中は…こんなに濡れてキュウキュウに締め付けている…」

「はっぁあん!旦那様ぁ、あっあっぁあん…奥突かないれぇ!」

ぐちゅぐちゅ。
パンパンパンパンパン。

いやらしい水音は朝方まで続いていた…。

*****

森の奥にひっそりと佇む、3、40人程度の住民が住む小さな村には、100年続く淫習があった。

その淫習とは、古くから村の安寧をお守りする神様に、舞を捧げるといった儀式だ。

舞を捧げるのは、成人を迎えた身体も精神的にも逞しい村一番の美しい男だと決まっている。

その男は舞夫と呼ばれ、年に4回季節の変わり目ごとに、神舞を1日中踊り続けなければいけない。

これだけ聞けば、何も淫を感じることはないだろう。

しかし、この神舞が終わると、舞夫は神様を体に降ろし1ヶ月間の発情期へと入る。

その期間、舞夫はほぼ休むことなく性行為をしなければならず、村の女性たちと代わる代わる夜を共にしなければならないのだ。

*****

先代の舞夫が引退し、今年新たな舞夫が選ばれた。

それが、志乃の旦那である右近だ。

結婚したばかりの志乃にとって、右近の大抜擢は誇らしくもあり、大変辛いことでもあった。

(旦那様が、他の女性と交わってしまうなんて…)

神聖な儀式に携わるということが、どれだけ名誉なことか…志乃にも嫌というほどわかっていた。

頭では理解していても、心が追いつかない。

そして、最初の季節の変わり目がやって来た──。

*****

公開日:

感想・レビュー

2件のレビュー

淫靡な村の掟のレビュー一覧

  • エロいけど、ところどころ日本語が変。
    無駄な擬音語も多くて萎える。

    さはら さん 2021年5月2日

  • 和な雰囲気でめちゃいいです!描写もきれいで燃えました!

    もちもち さん 2022年5月26日

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu57763Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑48764Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu37320Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑28486Views

  5. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu25615Views

  6. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu22311Views

  7. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵21955Views

  8. 二度目の初体験

    月島満21088Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA20442Views

  10. 結構なお点前で

    十月夏葵20218Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る