若頭の指は甘くてズルイ~絶倫すぎる夜に堕ちていく~

・作

たった一人の身内であった祖父が亡くなり、天涯孤独となってしまった椿(つばき)。アパートも追い出され、不運の連続で、遂には道端で気を失ってしまう。それを助けてくれたのは、九条組若頭の大和(やまと)だった。惹かれてはいけない相手なのに、身も心も大和の愛撫で溶かされていく…。

「ふぁあっ!あっん…んん~!!」

何度目の絶頂だろうか…。

大和さんの熱くたぎったモノが、私の中で暴れまわる。

「大和さっ…ん…もう…許して……ぁあ!」

「まだまだだよ?椿…今夜は寝かさないから、覚悟して」

大和さんが私の手を握りしめて、律動を再開させる。

額の汗や、切羽詰まった表情が、私の胸をきゅうっと締めつけた。

「あっあっふぁああ!!」

クリを擦られながら、最奥を突かれ、甘い痺れが全身を駆け巡る。

「また…イッチャウのぉ!!」

「何度でもイッていいよ」

深い口付けをしたまま、グリグリと中を犯され何度目かわからない絶頂を迎えた。

2人の終わらない夜がふけていく…。

*****

あぁ…私このまま死ぬのかな…。

おじいちゃん、案外早く会えそうだよ?ごめんね…長生きできなくて。

朦朧とする意識の中、暖かい温もりと全身黒のスーツでキメているイケメンにお姫様抱っこされているのがわかって、最期がこんなに心地いいなら死ぬのも悪くないなと考えながら、意識を手放した。

そしてふと目が覚めると、そこはお風呂場のようだった。

「えっ!?」

「起きた?」

私は声の主に後ろから抱かれる形で、湯船に浸かっていた。

もちろん、2人とも生まれたままの状態…すなわち裸だ。

「あっ、あの!?」

「僕の屋敷の前で倒れてたんだけど、あまりにも冷えて泥だらけだったから、お風呂に連れてきたんだよ」

「ご迷惑おかけしてすみません、もう大丈夫ですので、でっ出ます」

「大丈夫…君のすべてを見たわけじゃない。でも今、立ち上がったら丸見えだよ?」

「っ!!」

私はおとなしくするほかなかった。

彼は私の髪を丁寧にシャンプーしながら、名前と年齢、プログラミングの仕事をしていると教えてくれた。

私も簡単な自己紹介を済ませ、この気まずい場所から逃れるように言葉を紡いだ。

「やっ大和さん…あとは自分で洗えるから大丈夫です…」

「ダメだよ…女の子の肌は柔らかくて傷付きやすいんだから、椿はゴシゴシ洗っちゃうタイプでしょ?」

ズボラで大雑把な性格を言い当てられて、何も言い返せなかった。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 出張の夜、優しいイケメン同期が豹変。強引な愛撫に溶かされて…

    chiharu57797Views

  2. 後輩に媚薬を盛られて、彼氏と後輩にめちゃくちゃにされちゃった

    夢咲 花笑48808Views

  3. エロボイス配信者なお隣さんとおねだりエッチ

    chiharu37325Views

  4. 夫との営みに不満を持っていた私。自分ばっかり気持ちよさそうな夫に腹が立って上になってみたら…!?

    夢咲 花笑28488Views

  5. 義兄の甘やかな執着。媚薬で溺れた私は義兄に処女を差し出した…

    chiharu25648Views

  6. 初恋の幼馴染からの告白。両思いの夜は甘くとろけて

    chiharu22312Views

  7. ロールキャベツ男子は二度美味しい

    十月夏葵21966Views

  8. 二度目の初体験

    月島満21112Views

  9. コスプレ女とカメラ男のちょっとした邂逅

    AYA20442Views

  10. 結構なお点前で

    十月夏葵20223Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛のあるSEX 愛撫 キス クリ責め クンニ ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ ラブラブ ベッド以外 乳首 働く女性 潮吹き いじわる 言葉責め 彼氏 胸きゅん フェラ 年下クン 年上の男性 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル えろい 中出し

すべてのタグを見る