その指に狂い咲く

・作

雑誌の取材に訪れた農家の史郎の指に、欲情を隠せない春。史郎の指を想像しつつ、自らを慰めるが満たされない。泊まり込みの取材に訪れた日の夜、彼の指を求め官能に満ちた獣のような行為が始まるのであった…。

あの人の指が、私をおかしくさせる…。

*****

「史郎さん、今日からよろしくお願いします」

「春ちゃん、こちらこそよろしくね」

雑誌のライターをやっている私は、来月号で特集を組まれる、農家の暮らしの取材に来ていた。

1週間下宿をさせていただき、農業のお手伝いをしながら取材を進めていくことになっている。

その農家さんが、村井史郎さんだった。

彼は早くに奥さんを亡くし、子供も都会での暮らしを選んだため、何年もの間キャベツ農家をたった1人で守ってきたのだ。

史郎さんは、日に焼けた真っ黒な肌に、真っ白な歯が印象的で、ニカっと笑う顔がチャーミングだった。

背は決して高いとは言えないが、とても50代には見えず、農業で鍛えられた筋肉が逞しい。

私は史郎さんと出会ってから、ずっと彼のある部分だけを何枚も写真に収めている。

無意識のうちに、史郎さんの太く、ゴツゴツとした、まるで岩のような指を…。

*****

長い1日が終わり、朝から畑仕事を手伝っていた私は疲れすぎて、なかなか眠れずにいた。

隣の部屋では史郎さんが寝ている。

その事実になんだかドキドキしている自分がいた。

(もし、彼が布団に潜り込んできたら…)

想像すると、女の中心部分がジワッと熱くなるのがわかった。

私は、我慢できずに胸の膨らみへと手を伸ばす。

「んんっ!」

寝る時はいつもブラは着けずに、素肌にTシャツを着る。

だから、自分の指が服越しに主張し始めた乳首をかすめるたびに、ビクンビクンと身体をしならせ感じてしまうのだ。

(あぁ…あの指で胸を揉みくちゃにされたい…)

私は史郎さんの指を想像しながら、シャツを捲し上げ白い胸をブルンッと露出させると、赤く跡が残ってしまうほどに、揉みしだいた。

「あぁ…んんっ」

もう、下半身は濡れている。

脚を擦り合わせて身をよじるたびに、ヌチャアとイヤラシイ音が鳴る。

パンティを横にずらして、濡れた秘部に触れると淡い快感が背筋を駆け巡る。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 性感マッサージのセラピストにハマっちゃう!

    十月夏葵46911Views

  2. 年上の甘い彼氏に調教されてます

    十月夏葵41620Views

  3. 友達のままだったら知らなかったこと

    勝田38213Views

  4. ヤンチャな彼氏におもちゃを使ってお仕置きされる

    川海月37774Views

  5. 名前も知らないイケメンのいたずらから大学の空き教室で…♡

    青海なぎ35169Views

  6. セクサロイドを買って中イキまで開発してもらいました

    アオイチョウチョ32698Views

  7. 片思いの相手には彼女がいてクンニ好きだった。それを知ったクンニ好きの私が彼に舐めてほしいといってみたら…

    八代もも32128Views

  8. 彼氏の浮気現場を尾行していたら、超絶イケメンに口説かれて…

    八代もも25980Views

  9. なかなか手を出してくれない憧れの先生の、こじらせた性癖をぶっ刺した夜

    まゆり19098Views

  10. 憧れの先輩と行くことになった出張先の夜。

    猫猫にゃん18185Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス ちょっと強引に 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 乳首 思わぬ展開 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 彼氏 潮吹き 胸きゅん いじわる フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 OL スリル ちょっと過激に 挿入なし

すべてのタグを見る