その指に狂い咲く

・作

雑誌の取材に訪れた農家の史郎の指に、欲情を隠せない春。史郎の指を想像しつつ、自らを慰めるが満たされない。泊まり込みの取材に訪れた日の夜、彼の指を求め官能に満ちた獣のような行為が始まるのであった…。

あの人の指が、私をおかしくさせる…。

*****

「史郎さん、今日からよろしくお願いします」

「春ちゃん、こちらこそよろしくね」

雑誌のライターをやっている私は、来月号で特集を組まれる、農家の暮らしの取材に来ていた。

1週間下宿をさせていただき、農業のお手伝いをしながら取材を進めていくことになっている。

その農家さんが、村井史郎さんだった。

彼は早くに奥さんを亡くし、子供も都会での暮らしを選んだため、何年もの間キャベツ農家をたった1人で守ってきたのだ。

史郎さんは、日に焼けた真っ黒な肌に、真っ白な歯が印象的で、ニカっと笑う顔がチャーミングだった。

背は決して高いとは言えないが、とても50代には見えず、農業で鍛えられた筋肉が逞しい。

私は史郎さんと出会ってから、ずっと彼のある部分だけを何枚も写真に収めている。

無意識のうちに、史郎さんの太く、ゴツゴツとした、まるで岩のような指を…。

*****

長い1日が終わり、朝から畑仕事を手伝っていた私は疲れすぎて、なかなか眠れずにいた。

隣の部屋では史郎さんが寝ている。

その事実になんだかドキドキしている自分がいた。

(もし、彼が布団に潜り込んできたら…)

想像すると、女の中心部分がジワッと熱くなるのがわかった。

私は、我慢できずに胸の膨らみへと手を伸ばす。

「んんっ!」

寝る時はいつもブラは着けずに、素肌にTシャツを着る。

だから、自分の指が服越しに主張し始めた乳首をかすめるたびに、ビクンビクンと身体をしならせ感じてしまうのだ。

(あぁ…あの指で胸を揉みくちゃにされたい…)

私は史郎さんの指を想像しながら、シャツを捲し上げ白い胸をブルンッと露出させると、赤く跡が残ってしまうほどに、揉みしだいた。

「あぁ…んんっ」

もう、下半身は濡れている。

脚を擦り合わせて身をよじるたびに、ヌチャアとイヤラシイ音が鳴る。

パンティを横にずらして、濡れた秘部に触れると淡い快感が背筋を駆け巡る。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな54317Views

  2. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな49816Views

  3. 官能小説を読んでいるのが男友達にバレました

    十月夏葵38832Views

  4. 大好きな彼氏に嫌われたくなくて、執事に頼んでエッチなレッスンはじめました。

    八代もも29641Views

  5. 別れた元カレの部屋で二人きり。心の中で彼女に謝りながら今夜だけの関係を求めたら…

    八代もも22495Views

  6. 止まらない振動に快楽堕ち

    天音澪莉18150Views

  7. 媚薬を盛られて仕方なくワンナイトのつもりだったのに…

    baisu16856Views

  8. 愛し合って、ぬくもりを。

    天音澪莉15030Views

  9. アプリで知り合った10歳年上の男性と初めての中イキ

    黒子せな13127Views

  10. 推しの彼と二人だけの秘密

    勝田13114Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX キス 愛撫 ちょっと強引に クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ イキっぱなし 乳首責め ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 好きな人 中出し 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る