肌に残る熱い吐息と、キスマーク

・作

女盛りを迎えた、賀寿美(かすみ)42歳は、シングルマザーとして子育ても落ち着き、女である自分の時間を取り戻そうと、あるバーを訪れた。そこで待ち受けていたものはマスターからの情熱的な愛撫であった。

(自分が女であったと忘れていた期間は、どのくらいかしら…?)

賀寿美は、鏡に映る赤いルージュを引いた自分の顔を眺めて、ぼんやりと昔のことを考えていた。

当時、2歳になったばかりの長男と産まれたばかりの次男を抱えて、暴力とアルコールにまみれた夫から、賀寿美は必死で逃げ出した。

離婚してからは、子どもたちに不自由な暮らしをさせないようにと、朝から晩まで必死に働いた。

18歳で授かり婚をして、20歳で離婚。

同年代の女の子たちが、お洒落をして遊んでいる中、賀寿美は、自分の身なりに構っている余裕はなかった。

目鼻立ちは整い、バランスの取れたスタイルといった恵まれた容姿の彼女に、言い寄ってくる男たちは数知れず…。

だが、賀寿美は全く相手にせず、ただ母として、子どもたちのために精一杯生きてきたのだ。

それこそが、賀寿美の生き甲斐でもあったからだ。

しかし、それから22年の時が流れ、愛しい子どもたちは成長し彼女の手から巣立ってしまった。

ぽっかりと胸に空いた穴を埋めようと、賀寿美は焦りにも似た寂しさを感じていた。

(今やらなきゃ、あっという間に老いてしまう…)

そこで、久しぶりに訪れた美容院で、しっとりとした黒髪にウェーブをかけ、年齢と共にムッチリとしてきたお尻と太ももが強調されるようなタイトなスカートを買ってみた。

そして、残された自分の人生を一から始めてみようと、20数年ぶりに化粧品を手にしたのだった。

すべての身なりを整え、姿見の前に恐る恐る立ってみる。

そこには、弾けるような若さはないものの、匂い立つような色気が溢れる、女の顔をした賀寿美の姿が映し出されていたのだ。

清楚な白いブラウスを着ているが、胸のあたりが少し窮屈そうだ。

それもまた、男を誘うエッセンスとなり得ることを彼女は、本能的に察知していた。

全身をくまなくチェックし、賀寿美は夜の街へと繰り出した。

ふと目に止まった、一軒のバー。

赤レンガ造りの建物が、ノスタルジックな懐かしい雰囲気を漂わせており、自然とドアに手をかけていた。

「いらっしゃいませ」

「1人なの…大丈夫かしら?」

「問題ございませんよ。カウンター席へどうぞ」

物腰の柔らかいマスターの、控え目な笑顔が好印象だ。

年は、30代だろうか?賀寿美より若く見える。

背が高く、細身の身体に、白シャツに黒のベストといった、いかにも…な格好がよく似合っている。

また切れ長の目は、笑うとフニャッと垂れ目になり、女性の母性本能をくすぐるような、甘いマスクの持ち主だ。

店内には、賀寿美以外に客はおらず、今夜は閉店の時間を早めるつもりだったと聞かされた。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39267Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25097Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19698Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17879Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る