あなたは私のはじめての人

・作

幼馴染の家に遊びに来ていた私は、思いを寄せる幼馴染の彼に、つい別の人に告白されたことを話してしまった。紆余曲折のうち、思いが通じ合った私たちは、初めて身体を重ねる。

「同じサークルの人に告白されたの」

こんなことを幼馴染に言って、どうしたいのか、どうしてほしいのか、自分でもよくわからなかった。

は?と一瞬、優は固まって、戯れつく手を止めた。

「はは……ウケんじゃん。返事は、したわけ?……おっけー、したの?」

そいつと付き合うの?と優は、私の肩を掴んで問う。

それもいいかもしれない、とは考えた。

肝心の私の好きな人はいつまで経っても、私のことを幼馴染で友達としか扱ってくれない。可愛く思われようと、どんなにおしゃれやメイクを頑張っても。

こんな報告をしたのは、少しでも優に意識してもらえたら、という魂胆があったのかもしれない。

どちらにせよ、サークルの人とは付き合えない。サークル内は恋愛禁止だし、好きでもない人となんて、やっぱり無理だろう。

優に、こんなこと言ってごめん、と謝ろうとしたとき、不意に肩を押された。拍子に、ベッドがギシギシとしなる。

優が覆いかぶさってきて初めて、自分は押し倒されたのだと気づいた。

手首をガシッと掴まれる。視界が狭くなる。狭い視界の端に映った優の顔は、口内で潰した苦虫を堪えるような表情を浮かべていた。

その表情を見たのは一瞬で、優はすぐに顔を俯かせたので、その後には彼のつむじしか見えなくなった。

「優ちゃん?」

名前を呼ぶと、優は辛そうな顔をして私を見た。何か言いたげに口をパクパクと動かしたが、声は発さず、すぐ口を閉じた。

「優ちゃん、大丈夫?」

そう、聞くと優は掴んでいた手首を離して、肘を折って、身を屈めた。

「……嫌だったら、突き飛ばして」

そう言って、浅く唇を重ねた。

小鳥のさえずりのようなリップ音がちゅっと鳴って、名残惜しく唇が離れた。

私を見つめる瞳が熱い。そうやっていつも答えを私に言わせようとして、本当にずるい人。

「……なにそれ、先に言うことがあるんじゃない……?」

ちょっと意地悪げに優の胸を押す。

優は何度も、ごめん、ごめんと繰り返した。そう繰り返して、自分の胸に当てられた私の右手を握りしめた。

「ごめん、あず。梓、あなたが好きです。そいつの告白を受けないで。おれと、付き合ってください」

情けなく肩を下げて、優は自分勝手なお願いを口にする。

情けなくて身勝手で、およそカッコイイとはほど遠い。なのに、こんなにも嬉しく感じている自分がいる。

つくづく拗らせていると思う。

私は上体を起こして、優に口付けた。優が驚いた顔をしてたじろぐ。それを見て思わず笑みが溢れてしまう。

「私……私も好きだよ。ずっと優が好きだった。ずっと好きだったよ……」

そう言うと、優は花がほころぶように微笑んだ。

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39273Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25097Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19699Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17883Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る