今日、終電逃しました

・作

終電を逃した、と言っておれの家へ転がり込んできたのは友人の莉子だった。どうもだいぶ酔っているようで、とりあえず適当に寝かしつけ、おれも寝るために風呂へ入ろうとしたが、なぜだか莉子までついてきてしまった。二人きり、狭いバスルーム、何も起こらないはずがなく…。

「終電を逃してしまいました」

「なるほどね」

深夜0時過ぎに部屋の扉をノックしてきたのは、友人の莉子だった。

*****

「うわっ、おまえ酒くさいけど」

千鳥足の莉子を、カバーを新調したばかりのローソファへなんとか座らせる。

「同窓会でした……」

「へー……。水いる?」

「いらないれす」

「富士の天然水だけど」

「……」

「バナジウムの天然水もあるけど」

ソファの背もたれに顔を押し付け、莉子は人間語ではない言葉を唸る。

おれはサイドボードに水の入ったペットボトルを置いて、大っぴらに脚を開く莉子の膝に綿毛布を掛けた。

「眠いの?」

「うん……」

鼻から長くため息を吐く。

「風呂は?入れる?髪、煙臭くなってて嫌だろうし、化粧も落としたいだろ」

肩を叩くが、莉子の返事はない。

「吐きそう?」

静かに莉子が首を振る。

「そ。吐くときはゴミ箱だと助かるけど、間に合わなそうなら、……このビニールか、フローリングの上でいいから」

莉子の隣にコンビニのビニール袋を口を広げて置く。

「もーおれは風呂入ってくるから、ベッド使って寝てていいよ。水は飲めよ」

カールの取れかけた莉子の髪をくしゃっと撫でる。

綿毛布を鼻先まで引っ張ってソファの上で身体を丸めたまま、くぐもった声で、はぁいと莉子が返事をした。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. 優しい社長のドS調教。溶かされた身体は玩具よりも…

    chiharu68558Views

  2. 高熱は媚薬

    月島満39266Views

  3. 女性をイカせるための機械開発

    夏野33355Views

  4. 官能表現を手に入れたいある漫画家の話

    AYA27651Views

  5. ただの地味OLだった私が、憧れの先輩の性奴隷になるまで…

    逢沢愛27487Views

  6. 誕生日の彼に作ったケーキ。味変でケーキとクリームが私の体に乗せられて始まった女体盛り

    夢咲 花笑25094Views

  7. 私に怒ったセフレが押し倒してきた!帰してもらえない私は朝まで好きだと教えこまれ…

    夢咲 花笑22627Views

  8. 勘違いな片思い

    月島満20124Views

  9. 聖女様のお仕事

    AYA19693Views

  10. 凸凹カップルの朝のセックス

    夏野17878Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス 愛撫 愛のあるSEX クンニ キス クリ責め ちょっと強引に 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首責め イキっぱなし 指挿れ 乳首 ラブラブ ベッド以外 働く女性 潮吹き いじわる 彼氏 言葉責め 胸きゅん フェラ 年上の男性 年下クン 挿入なし ちょっと過激に 好きな人 スリル 中出し OL

すべてのタグを見る