今日、終電逃しました

・作

終電を逃した、と言っておれの家へ転がり込んできたのは友人の莉子だった。どうもだいぶ酔っているようで、とりあえず適当に寝かしつけ、おれも寝るために風呂へ入ろうとしたが、なぜだか莉子までついてきてしまった。二人きり、狭いバスルーム、何も起こらないはずがなく…。

「終電を逃してしまいました」

「なるほどね」

深夜0時過ぎに部屋の扉をノックしてきたのは、友人の莉子だった。

*****

「うわっ、おまえ酒くさいけど」

千鳥足の莉子を、カバーを新調したばかりのローソファへなんとか座らせる。

「同窓会でした……」

「へー……。水いる?」

「いらないれす」

「富士の天然水だけど」

「……」

「バナジウムの天然水もあるけど」

ソファの背もたれに顔を押し付け、莉子は人間語ではない言葉を唸る。

おれはサイドボードに水の入ったペットボトルを置いて、大っぴらに脚を開く莉子の膝に綿毛布を掛けた。

「眠いの?」

「うん……」

鼻から長くため息を吐く。

「風呂は?入れる?髪、煙臭くなってて嫌だろうし、化粧も落としたいだろ」

肩を叩くが、莉子の返事はない。

「吐きそう?」

静かに莉子が首を振る。

「そ。吐くときはゴミ箱だと助かるけど、間に合わなそうなら、……このビニールか、フローリングの上でいいから」

莉子の隣にコンビニのビニール袋を口を広げて置く。

「もーおれは風呂入ってくるから、ベッド使って寝てていいよ。水は飲めよ」

カールの取れかけた莉子の髪をくしゃっと撫でる。

綿毛布を鼻先まで引っ張ってソファの上で身体を丸めたまま、くぐもった声で、はぁいと莉子が返事をした。

*****

公開日:

感想・レビュー

レビューはまだありません。最初のレビューを書いてみませんか?

レビューを書く

カテゴリー

月間ランキング

  1. マッサージの施術中にいやらしく胸を揉まれ犯される

    黒子せな55673Views

  2. 会社のためのラブドール。優しい痛みに壊されて…。

    天音澪莉45315Views

  3. 淡白だと思っていた彼氏が一人でシてて…

    十月夏葵35627Views

  4. 大好きな彼とのセックスが淡白すぎて、一人エッチにはまってしまった私

    八代もも30572Views

  5. いつもと違う幼馴染から愛される夜

    勝田23869Views

  6. 満員電車で痴漢に遭い、そのまま公衆トイレで…

    黒子せな22976Views

  7. 裏垢女子~ヒミツもカラダも暴かれて~

    青海なぎ22723Views

  8. 弱みを握られた義父に無理やり犯される

    黒子せな20222Views

  9. とってもタイプの配達のお兄さんに出逢ってしまい、誘惑してママから隠れてクローゼットでイチャイチャする話

    八代もも17149Views

  10. 夫に相手にされない私が勇気を出して快楽の園を訪ねる話。

    猫猫にゃん17131Views

最近のコメント

人気のタグ

クリトリス クンニ 愛のあるSEX ちょっと強引に キス 愛撫 クリ責め 我慢できなくて 思わぬ展開 乳首 指挿れ 乳首責め イキっぱなし ラブラブ 働く女性 ベッド以外 潮吹き 彼氏 いじわる 胸きゅん フェラ 言葉責め 中出し 好きな人 年下クン 年上の男性 ちょっと過激に スリル OL 挿入なし

すべてのタグを見る